かんたん車査定ガイド

試乗を試みる

安ければそれで満足、そのように思うことができるのは、そのものが調子よく動いているうちかもしれません。

故障してしまえば、いくら安く購入することができたとしても、今では役に立たない無用なものになってしまうでしょう。

もちろん、修理をして使うという選択肢もあるかもしれません。

ですが、そのような場合には費用が発生しますから、それをためらってしまい、結局買って後悔したということになってしまうかもしれません。

このことは、車を購入することにも当てはまるでしょう。

試乗を試みる
試乗を試みる

 

 

時々、とにかく安く中古車を購入するために、一括検索などを利用して、一番安く販売しているお店に決めるという人がいます。

もしかしたら、薄利多売、あるいは赤字の状態で販売しているのかもしれません。

しかし、そのようなことは考えにくいでしょう。

では、なぜ安いのでしょうか。

それには何らかの理由があるはずです。

それには、その業者がその車を買った金額が関係しています。

なぜならば、その車をかなり安く仕入れることができたので、安く売ることができるのです。

つまり、しっかりと儲けをとっても、それでも安く売れるのです。

そのような車は心配ではありませんか。

きっと心配でしょう。

理由がなければ安くはならないからです。

さて、お得な車と感じる車はどのような車でしょうか。

それは、つまり、内装も外装も綺麗な車と思っている人も少なくありません。

 

 
確かに、巷の販売店の中には、

「内外装を見てください」

とアピールしている車もあるでしょう。

かし、この点でも注意が必要です。

もしかしたら、少しは考え深いので、そこの営業マンに、エンジンの調子はどうかと尋ねるかもしれません。

そのようなときには大抵、調子がいいという返事が返ってきます。

これだけ内装も外装もしっかり手入れしていたオーナーだから、エンジン系のメンテナンスもしっかりしていたに決まっている、というのがその論法です。

しかし、必ずしもそうとは限りません。

 

 
ですから、いくらきれいで程度がいいように見える中古車でも、必ず試乗するようにしましょう。

もしも、試乗をいろいろな理由を付けて断るようであれば、どうするべきでしょうか。

その時には、その業者をこちらから断るべきです。

試乗をしないのに、中古車を買うことは、本当に危険な賭けになってしまいます。