かんたん車査定ガイド

チェック済みの車を購入

新車を購入する時には必要なくても、中古車を購入する時にはしなければならないことがあります。

それは、車の状態をチェックするということです。

しかし、現実問題として、中古車を購入する人のほとんどが、車のどこをどのようにチェックすればいいのかわからないということです。

しかし、それほどそのことに対して悩む必要はないでしょう。

なぜならば、それをすることができなければ、最初からチェックしてある車を購入することができるからです。

チェック済みの車を購入
チェック済みの車を購入

 
 

もちろん、とにかく最安値で中古車を買うことに意義があると考えている方には、そのような点検整備が済んでいる車はあまり関心がないかもしれません。

しかし、いくら中古車といっても、自分がユーザーになっている間は、故障などのトラブルが少ない状態で動いて欲しいと思うならば、やはりある程度保証された車を購入した方がいいでしょう。

この点に関していえば、国内のディーラーに行けば、車両状態証明書というものを付けて販売されている中古車が豊富に存在します。

 
 

車両状態証明書というのは、その名前を見れば簡単に予想できると思いますが、点検や整備を終えた車に対して、外装や内装などを、その項目別に評価して、その車がどのような状態にあるかを示してくれるものです。

ですから、車の状態をどのようにチェックすることができるのだろうか、と頭を悩ませる必要はないのです。

あえて言えば、その証明書の見方を少し知るだけでいいのです。

 
 

実際に店頭に行けば、ディーラーの営業マンが、懇切丁寧にその見方に付いて教えてくれます。

もちろんディーラーにもよりますが、たいていの場合は、各項目が10段階で評価されています。

最高ランクですと、限りなく新車に近いという状態になります。

それで、自分自身がどれくらいの程度を望むかにもよりますが、もしも中古車の販売価格が高いと思える場合には、しっかりとした根拠に基づいて、その金額がつけられているということを納得したうえで購入することができます。

 
 

同じ車をほかのお店ではもっと安く販売しているかもしれません。

しかし、それらは比較の対象になりません。

もしも安さを追求するのであれば、比較はやめて、安いお店で購入すればいいでしょう。

ですから、どこに価値基準を置くかによって、車選び、中古車選びは異なってくるのです。