かんたん車査定ガイド

格安中古車情報

選び方のポイント

販売店の種類について

中古車を購入する時に、どの販売店で購入するかということも重要な問題になります。

販売店ですが、大きく分けて2つのジャンルに分類することができます。

それは、中古車販売を専業で行っている所とディーラーです。

一般的にディーラーは、新車を取り扱っている所が多いのですが、最近長らく続く不況のおかげで、新車の売れ行きが不振になっています。

販売店の種類について
販売店の種類について

 

 

そこで、中古車を販売することで、業績の立て直しをしようという業者も多くなってきているのです。

ディーラーと中古車販売店を比較すると、押し並べて、中古車販売店の方が格安価格で中古車を販売している傾向が強いと言われています。

少しでも安く中古車を購入しようと思っているのであれば、中古車販売店で購入することをお勧めします。

 

 

しかし中古車販売店ですが、皆さんも近所を走ってみるとお分かりのように、実にいろいろな種類のお店があることが分かります。

ですから、どの中古車販売店で購入するかについては、慎重に比較することをお勧めします。

中には、現状の自動車をただたんに販売しているだけというお店もあれば、工場やメカニックを持っていて、アフターフォローもきちんとしてくれるような業者もあります。

やはり長期的に自動車に乗り続けることを前提にするのであれば、後者のようなお店の方が安心できるでしょう。

きちんとしたアフターフォローを受けたいのであれば、ディラーの方がきちんとしていることが多いです。

多少割高でも良いというのであれば、ディーラーを使ってみる選択肢もあります。

 

 

格安で中古車を購入するのであれば、最近注目されているサービスがあります。

それはオークション代行サービスです。

オークション代行とは、オークション会場で、あなたが希望する条件の自動車を探してくれて、入札してくれる業者のことを指します。

中古車販売店で購入する場合、自動車のメンテナンスのためのコストなどが価格に上乗せされていることが多いです。

しかしオークション代行の場合、卸価格になりますので、余計なコストが上乗せされることはありません。

 

 

手数料を業者に対して支払う必要はありますが、せいぜい数万円程度なので、大きなコスト負担になることもありません。

しかしオークション代行の場合、自分で実際に自動車を見て購入することはできません。

オークションは、個人の消費者が酸化できない仕組みになっているからです。

そこで、イメージと実物が違っていると言ったことも起きる可能性はあります。