かんたん車査定ガイド

格安中古車情報

選び方のポイント

競合させること

販売店からしてみると、あなたに中古車を購入してもらうことで、利益を上げることができます。

そこで、とにかく売り上げを確保することが重要な命題になってきます。

これは商売をしている人からしてみると、鉄則中の鉄則です。

そこでこの

「何としてもお客さんに中古車を売りたい」

と言う店の人の心理をうまく使ってみましょう。

中古車の販売価格についてですが、簡単に言ってしまえば、言い値な所があります。

別に定価があるわけではないので、それぞれのお店で自由に価格設定することができるわけです。

競合させること
競合させること

 

 

そこで、競合させるという方法を交渉する中でとってみるといいでしょう。

つまり、中古車販売店に行って、

「他のお店に立ち寄って、そこにあった中古車とどちらにしようか悩んでいる」

と言った感じを相手に伝えるのです。

その中で

「だいたい自動車の感じも価格も似たような感じなんだよな…」

みたいなことも伝えるようにしましょう。

そうすれば、中古車販売店のスタッフには、ライバルのお店の存在をいやがうえにも意識することになります。

そして

「このお客さんをよそのお店に取られたくない」

という意識が働くことになります。

そうすると

「ではここは少し勉強させてもらって…」

と言った感じで、値下げに応じてくれる可能性もあるのです。

 

 

しかももし相手が値引きをしてくれた場合でも、そこで即決をしないようにしましょう。

あえてその場では購入することなく、ペンディングの状態で店を後にします。

そうすると、お店のスタッフは

「この価格で本当に購入してくれるだろうか?」

とか

「他のお店で購入してしまうのではないか?」

「もう少し安い価格を提示すべきではなかったか」

と言ったことをいろいろと考えるようになるかもしれません。

このように少し遠回りかもしれませんが、交渉を優位に進めることができるようになります。

交渉をする時に、自分のペースに相手を引き込むことができれば、けっこうな収穫をあげることもできるかもしれません。

 

 

ただし注意すべきポイントもあります。競合させて、値下げ交渉をする方法は、すべての販売店で通用するやり方かと言うと、決してそうではありません。

競合をちらつかせたら

「ではそのお店で購入して下さい」

と、あっけなく突き返されてしまうケースもあります。

特に、無理な値下げの要求をした場合、相手はそのようなリアクションをとることが多いと言われています。

値下げ交渉をする時には、現実的な交渉をすることをお勧めします。