かんたん車査定ガイド

格安中古車の買い方

専門店がおすすめ

中古車の買い手と売り手を同じ業者にする

自動車を販売したことがあるでしょうか。

つまり売った事があるかということです。

自分が乗っている自動車も古くなると売ろうかと考えるのではないでしょうか。

どうしてそう思うのでしょうか。

それは車検が関係しているのかもしれません。

車検は、最初5年後に受ければよいですが、その後は2年間ごとに受ける必要があります。

自動車を持っている人の主な出費といってもよいかもしれません。

排気量によってその費用は大きく異なります。

しかし軽自動車でも10万円、そして普通車になると数十万円かかるのです。

この費用はどこで車検を受けるかで変わってきますが、基本的にかなりの費用が掛かることに違いはありません。

中古車の買い手と売り手を同じ業者にする
中古車の買い手と売り手を同じ業者にする

 

 

そのような時愛車を手放そうかと考えるのでしょう。

中古車を売るときに査定をしてもらうかもしれません。

査定をしたその日に自動車を売ることも出来るでしょう。

しかし色々な会社からの査定額を検討して一番高いところに売りたいと思うのも当然のことです。

比べたほうが良い金額になるからです。

そして実は自動車を手放したお金でまた自動車を購入しようとしているかもしれません。

もしも早く売ってしまうならば買うまでの期間自動車がありません。

しかし中古車の売りと買いを一つの業者に頼むという方法があります。

それならばどうでしょうか。

詳しく考えてみましょう。

例えば自分の愛車を査定に出します。

一番高い値段をつけてくれた信頼できる業者があったとします。

このとき信頼できるかと言う問題が非常に重要です。

 

 

信頼できる業者ならばそこに愛車を任せましょう。

そしてその業者で新しい中古車を探すのです。

もしかしたら自分が狙っている中古車を探し出してくれるかもしれません。

またどのくらいの費用を出せるのか事前に伝えておきましょう。

そうすればその費用の中で探してくれるはずです。

愛車を手放してから、新しい中古車が車での期間はその業者が自動車をレンタルしてくれるはずです。

そのくらいのサービスは当然でしょう。

それを使っていつもどおり過ごすことが出来ます。

新しい中古車を安く買いたいのであれば、愛車を売るところも検討しなければなりません。

しかし業者を同じところにすることによってすっかり任せることが出来ますし、費用の面でも安心できるでしょう。

それでも信頼できる業者を見つけることが出来ればの話です。