かんたん車査定ガイド

日産の中古車

高級車が再登場

知っておきたい初期費用

あるものに関していえば、購入したらそれでおしまい、つまり購入する時に必要な金額だけ支払えば、それで終わってしまいます。

しかし、あるものは購入後のことを考えなければなりません。

それはつまり、維持費のことや税金などです。

そのような話になってくると、住宅や車の場合には、購入のための本体価格が用意できればそれでいいわけではありません。

そうではなく、その後の税金や、メンテナンスに必要なお金を計算していき、それらを維持していくことができるかどうか、よく考えなければなりません。

ですから、新車を買うという選択にしても、中古車を買う場合でも、車体価格に加えて、どれくらいの初期費用が必要になるのか知っておく必要があるでしょう。

知っておきたい初期費用
知っておきたい初期費用

 

 

一概には言えませんが、車が大きくなれば、それだけ出費が増える可能性があります。

駐車場代も変わるかもしれませんし、燃費も悪くなるかもしれません。

ですから、その分毎月のガソリン代もかわるでしょう。

さらに、税金の負担率も上がるでしょう。

しかし、最近では日産やトヨタの車で、大きくてもハイブリッドシステムが搭載された車などもあり、一概には言えなくなっています。

それらを計算に入れたうえで、自分の目的に合っていて、しかも予算の範囲内で購入、さらに維持していくことのできる車選びをする必要があるでしょう。

そのような情報は、良心的な中古車販売店の方から教えてもらうこともできますし、ディーラー直営の中古車センターでは、懇切丁寧に教えてもらうことが可能です。

 

 

たとえば、日産の中古車センターでは、購入金額だけではなく、お客様の予算に合った形での商品提供が心がけられています。

とくに、そのような担当者は、車に関する知識がたくさんあるだけでは務まらないでしょう。

それらの知識はもちろんのこと、購入資金や、お金のやりくり、ローン、税金に関する総合的な知識を有していて初めて、有能かつ信頼のおけるアドバイザーになることができるのです。

ですから、巷には中古車販売店がたくさんありますが、そのすべてがそのような有能なアドバイザーを有しているとは限りません。

そのようなことを考えますと、現在ではオンラインでいろいろ検索をすることや、情報を入手できるとはいえ、実際に店頭に行って直接相談した方が、きっと良い結果が得られるに違いありません。