かんたん車査定ガイド

日産の中古車

高級車が再登場

憧れの車を認定で買う

新車を購入しようと思った時に、そこに立ちはだかる高い壁は、その購入金額の高さでしょう。

もちろん、どのような車を選ぶかによって大きく異なるでしょう。

最近では、軽自動車やコンパクトカーの中には、100万円を切る価格で新車が販売されているケースもありますので、昔に比べると新車もそれほど高嶺の花ではなくなってきたように感じます。

その一方で、やはりこだわりの車は、それに比例して車両価格が高くなっています。

例えば、日産の場合では、シーマやGTRを購入しようと思って見積もりを出してもらわなくても、それがわたしたちの年収を計算した時に、相当高い金額であることが簡単に理解できます。

それでも、車が好きな方にとっては、やはり憧れの車というのはあきらめたくありません。

憧れの車を認定で買う
憧れの車を認定で買う

 

 

ですから、何ができるかというと、中古車で購入するという方法です。

しかし、とくにスポーツカーの場合には、数年の間にかなり酷使されて、中古車で購入すると、オーナーになった時点からトラブルが相次ぐといった事態にもなりかねません。

だからこそ、安くなったとはいえまだまだ高い中古車を購入する場合には、大きな損をすることがないように注意する必要があるでしょう。

そのようなときに利用できるのが、認定中古車制度です。

認定中古車には、新車と同等に品質が保証されています。

当然のことですが、売りに出される車に対して、すべて付けられるわけではありませんから、数が少ないのが現状です。

 

 

しかし、認定されている時点で安心を買うことができ、なおかつ新車に比べると購入資金がより少なく済みます。

例えば、日産のGTRの場合は、初年度登録から5年以内の車にしか認定の機会が与えられません。

そして、所定の時期に法定点検が行われていることがその条件になります。

さらに、改造歴に関しても、所定のマニュアルに沿ったものでなければいけないと定められています。

このような認定中古車を購入すると、その後も新車同様のアフターサービスを受けることができます。

ですから、安心して購入できるでしょう。

最近では、海外の自動車メーカーなども、このような認定中古車を販売するようになっています。

一見、非常に高く売られているように感じるのですが、そこに付帯しているサービスや、認定条件を考えるときには、それほど高くないと感じることでしょう。