かんたん車査定ガイド

日産の中古車

高級車が再登場

プライスボードで読み取る

さすがインターネット時代だけあって、必要な情報の多くは、オンラインで入手することができる時代です。

もちろん、中古車を購入する時には、ほとんどの方が実車を確認されるとはいえ、その前の段階には、多くの事柄をオンラインで済ませておくことができます。

そのなかには、たとえばどのようなことが含まれるでしょうか。

たとえば、価格についてよく知るために、プライスボードの見方についても、多少は予習をしておけば、その場でも余裕を持って臨むことができるかもしれません。

プライスボードで読み取る
プライスボードで読み取る

 

 

日産の中古車センターのサイトをのぞけば、あらかじめプライスボードの見方について学ぶことが可能です。

これらを知っておけば、車両価格以外に関しての意味を理解することができるでしょう。

しかし、本体価格には、整備費用と保証費用が含まれている場合と、そうでない場合がありますので、車両本体価格の欄も注意してみる必要があります。

プライスボードではそのほかにも、車名や年式を知ることができ、次回の車検日を計算することができます。

とくに、自動車が初年度登録からかなり経過していて、車両自体にはあまり付加価値が付いていないような場合、車検の期間がどれくらい残っているかということが、大きなポイントとなってきます。

 

 

また、走行距離を知ることもできます。

この場合、一般的には車の程度は走行距離に比例すると思われがちですが、そうとも限りません。それそりも大切なのは、適切なメンテナンスが施されてきたかどうかという点です。

しっかりとメンテナンスがされていれば、多少は走行距離が多くても問題はないと思います。

あとは、見逃してはならない部分として、修復歴があるかどうかも関係してきます。

もしも、修復歴がありとなっている場合は、車体の骨格部分が修理された経歴を持っています。

しっかりと修復されていれば問題ないのですが、どこでどのように修復されたかによっても、大きく異なりますので注意が必要でしょう。

 

 

さらに、前のオーナーの整備に関する記録簿が付帯しているかどうかも、実はプライスボードに記されています。

それらの情報があれば、メンテナンスの状況について知ることができるので、安心でしょう。

そして、最後はリサイクルに関係する情報となります。

ですから、これらの情報を読み取ることができるだけでも、中古車選びの大きな助けとなるのです。