かんたん車査定ガイド

安い中古車の選び方

中古車の価格

走行距離を確認する

基本中の基本の法則として、中古車の価格は走行距離によって違ってくるということがあります。

基本的に走行距離が長くなればなるほど、価格は安くなっていく所があります。

しかし走行距離と価格の関係ですが、正比例で、一定の比率で価格が安くなっていくのではありません。

あるラインがあって、そのラインを越えてくると、ガクンと一気に価格が安くなるような特徴を持っています。

そのラインはいくつかありますが、中古車を購入する時に注目してほしいのは、走行距離5万kmのラインです。

5万kmを超えているかどうかによって、同じ車種の中古車でも価格が大きく変わってくることがあります。

もし47000kmと52000kmの中古車があれば、圧倒的に後者の中古車価格の方が安くなっていると思われます。

正直、5000km程度の走行距離の差であれば、それほどコンディションに大きな差が生じることはありません。

むしろ、きちんとメンテナンスをしている52000kmであれば、メンテナンスをしていないような47000kmの中古車よりも、自動車の状態はいいです。5000km程度の走行距離の違いであれば、前のオーナーがどのように自動車を取り扱ってきたかによって、ひっくり返ってしまうくらいの差です。

しかしそれでも、5万kmのラインを越えているので、52000kmの中古車の価格は安くなるのです。

走行距離を確認する
走行距離を確認する

 

 

5万kmを超えた走行距離になっている中古車をあえて狙ってみましょう。

ただし、自動車のコンディションがきちんとしているかどうかは、しっかりと確認をしておきましょう。

ろくにメンテナンスをしていない、しかも乱暴な運転を強いられ続けてきた中古車であれば、購入した途端に故障すると言うこともあるかもしれません。

ですから注意はする必要があります。

 

 

もしきちんと中古車の状態を慎重に見て購入するのであれば、10万kmを超えているような中古車もターゲットに入れてみるといいでしょう。

10万kmも一つのラインとなっていて、ここでもまた中古車の価格は下がります。

昔は10万kmと言われると、自動車の寿命もそろそろと言われていました。

しかし最近では、きちんとメンテナンスをしていれば、10万kmからでも十分に日常のドライブができる中古車はたくさんあります。

整備点検記録簿などを見て、状態を確認してから、過走行距離の中古車を購入してみるのもお勧めです。