かんたん車査定ガイド

安い中古車の選び方

安い中古車探しの注意点

走行距離に注意

安い車を選ぶといっても、ただ安い中古車を購入すれば良いというわけではありません。

初期費用は安かったものの故障が多く、結局修理のほうが購入金額よりも高くなってしまったというようなケースも珍しくありません。

また中にはあっという間に廃車になってしまい、期間でみればかなり高くついてしまったというケースもあります。

それで故障が後で起きにくいような中古車を選ぶことが、安い中古車を選ぶのに重要だといえるでしょう。

走行距離に注意
走行距離に注意

 

 

故障がしにくいか、しやすいかを判断するポイントはいくつもありますが、素人でも分り易い場所といえば走行距離を挙げることができるでしょう。

走行距離に関しては少なければ少ないほど良いのですが、走行距離が1万キロ以内の中古車の場合にはかなり割高になってしまいます。

それでバランス的にも優れているのが3万キロ以内の中古車です。

3万キロ以内であれば問題も起きにくいですし、車自体も新しいものになりますので安心できるでしょう。

ちなみに車は5年、5万キロを境に問題が起きるともいわれていますので、トラブルをできるだけ避けたいというのであれば、そのようなものを避けたほうが良いでしょう。

場合によっては5万キロ~10万キロなどの車しかないようなこともあるかもしれませんが、そのような場合には年式の新しいものをチョイスするのがコツです。

 

 

このような走行距離ですが、以前ではメーター戻りといって走行距離を不正する業者などがありました。

最近では公的な機関などもあり不正がしにくくなっているわけですが、場合によってはチェックが必要になることがあります。

例えば運転席のシートを確認することができるでしょう。

乗り降りの際にすれる部分が、ひどくすれていたり、切れていればかなり乗っていることの証明になります。

しかしそのような見た目とは裏腹に走行距離が少なめであれば、疑わしくなってくるというものです。

 

 

同様の点ですが、フロアーマットがすり減っていないかどうか、室内のプラスチック製のボタンの部分が長年の使用によってテカリなどが出ていないかどうかもポイントになってきます。

やはり走行距離はさまざまなユーザーが気にするポイントだけあって、業者などもできるだけ少なく見せることがありますので注意が必要です。

個人売買などの場合いは不正などをしていてもなかなか分からなかったり、購入後に文句を言っても相手にされないこともありますので注意が必要です。