かんたん車査定ガイド

安い中古車の選び方

安い中古車探しの注意点

事故車の色々

事故車というとそれだけで悪者扱いされてしまうということがあります。

しかしあくまで安い中古車を探しているのであれば、あえて事故車を狙うというのもひとつの方法です。

たしかに状態が悪い事故車の場合には問題が大きくなりがちですので、事故車といってもできるだけ状態の良いものを選ぶようにします。

事故車の色々
事故車の色々

 

 

まず判断基準になるのが、前オーナーが、大きな事故をして修理をしているのか、中古車販売店が修理を行ったかという点でしょう。

前オーナーが修理をしたような場合、そのオーナーは引き続きのろうとしているわけですので、修理に関してもわりかし徹底的に修理を行なっている場合がほとんどです。

それに対して中古車販売店などの修理の場合には、結局見た目が直っていれば良いわけですので、徹底的に修理されていない可能性もあります。

さらに事故車の場合に注意したいのが、修理自体が上手く出来ているかでしょう。

 

 

なかにはあきらかに修理した後が分かるものから、言われなければ分からないほど完璧に修理されているものまであります。

それで実際に試乗をしてみてハンドルやブレーキやエンジンなどで違和感がないのかどうかをチェックしてみる必要があります。

このように事故車といっても価値があるものと、それほどでもないものに分けることができます。

また一口に事故車といっても一般人の事故車と自動車業界が言う事故車という概念には違いがあるというのも考慮しておきたい点になります。

 

 

自動車業界がいう事故車というのは、フレーム及び、構造部品の修理、交換されている車のことです。

つまりバンパーやフェンダーなどの修理は事故車には入らないというわけです。

無事故車だとして売られていたとしても、それらの部分を修復していたり塗装をしていたりする可能性があります。

もちろん車によってその修理の完成度なども違いがありますが、綺麗に直してあるものをできるなら選びたいものです。

 

 

このように事故車や修理のことを取り上げてみましたが、中古車は新車ではありませんので、傷や凹みというのはあって当然だという見方もあります。

あまり事細かく条件を絞りすぎると条件にあった中古車を探すのも難しくなってしまいますし、安い中古車を探すのはもっと難しくなってしまうことでしょう。

それで実際にその車を見てみて問題がないかどうかを判断するということが重要になってきます。

ちなみに軽い傷などでしたらホームセンターに売られているワックスなどでもごまかすこともできます。