かんたん車査定ガイド

走行距離の実態

走行距離の実態

車には走行距離というものがあり、まずはこの走行距離の数字が少ないほどいい車とみなされます。

走行距離で中古車の値段が変わるといっても過言ではありません。

この走行距離ですがじつは偽りを表示させることができてしまうのです。

この走行距離を騙されてしまうと、例えば1万キロにも満たない車と5万キロの車とでは、全く変わってきます。

走れば走った分エンジンなども消耗するので、築何十年の家に住んでいる感じになってきます。

いくらリフォームをしても、元の状態は築何十年のままと、このようなイメージがわかりやすいのではないでしょうか。

もし車の状態や走行距離に疑問が湧きましたら、アクセルやブレーキを踏む時に、
どうしてもマットに摩擦が生じ、フロアマットに消耗が発生します。

走行距離の実態
走行距離の実態

 

 

1万キロでは、まあ乗っているかなという感じのヘタリはあると思いますが、

3万キロくらいの走行距離でもマットの交換まではしなくていいですが、

新品に変えられている場合は、少し注意して車両をチェックするといいかもしれません。

 

 

スイッチの文字もどんな感じになっているか見てみるといいです。

新品の車ですと、スイッチ部分はシックな色になっていますが、
使用する頻度が高ければ高いほど、スイッチ部分の光沢が出てきます。

ほかには、文字が消えていたりすることもあるので要チェックです。

運転する際には必ずシートに座りますが、
このシートも多少のスレはありますが、
ひどく擦れていたり、切れている場合は走行距離の表示に不審点が上がります。

 

 

今では少なくなりましたが、中古車販売店の方で売りに出す前にメーターを戻してしまうようなことが、実際に行われている販売店もあります。

これは、犯罪ですが走行距離が少なければ少ないほど高く売ることはできるので、残念ですが、このような販売店があるのは悲しいことで事実なのです。

ですので、中古車販売店を決める際には、きちんと信頼が成り立ちスタッフの対応など、全てに置いておかしいところはないか確認することが、大事なことになってくるのではないでしょうか。

車を購入するのは自分になりますので、最後には自分自身の判断に委ねられる事と思います。

その時に、少しの事でも確認がとても大事になってきます。