かんたん車査定ガイド

自分の体で調べてみよう

自分の体で調べてみよう

中古車を実際に見に行かれた際に、新車でも同様のことをするかと思いますが、
必ずそして絶対に試乗はしてください。

試乗をされた際のチェックポイントなどをこれから挙げます。

まずは、運転にはフロントを見て走りますが、
フロントの視野をどんな感じか確認を行ってください。

視野が狭く運転がしづらい場合もありますので、
路地や合流など事故になりやすいシチュエーションを想定してチェックするといいと思います。

車庫入れや狭い路地なども確認すると、
とても良く分かるように手応えを感じられるのではないでしょうか。

自分の体で調べてみよう
自分の体で調べてみよう

 

 

次にシートの座り心地や感触です。

位置調整などを含めきちんと自分の体にフィットしたものがあればいいのですが、
たまに合わないものが出てくることもあります。

この点も注意したほうがいい箇所ですね。

実際に運転した時に車との感覚やフィーリングが合えば申し分ないかもしれませんが、
外観や機能等にとても満足しているがどうもしっくりこないという場合もありますので、
その場合は諦めて別の車を検討された方が後々、
やはり合わないから変えるということにならないように、避けたいところです。

ハンドルの状態ですが、手を離した際でもまっすぐに走行できれば問題ないです。

極端に曲がってしまう場合これは良くないので別の車に変えるべきです。

ハンドル自体に引っ張られないかなども確認してください。

ブレーキの効き具合ですが踏み込んだ際感触はどんな感じかブレーキが効きづらくないかなども確認です。

ブレーキからもし、振動があるようであればローターという消耗している可能性があります。

ブレーキパッドと同様消耗品になりますので、薄くなってしまった場合でも交換が必要になります。

購入後のメンテナンスが絶対にないようにするには、営業の方の対応や説明なども大切になってきますが、
決めるのは結局最後自分自身になってくるので、確認する箇所などは自分で納得のいくまで確認し、
少しでも疑問に思ったり自分の答えと一致しないような回答があった場合は、
詳しい方に聞くことも大事な要素だと言えます。

エンジンの調子を調べるというところでも、
実際にエンジン音を聞いて自分の耳でおかしくないかを確かめます。

そして、オイル交換は中を覗いて色を確認するのもいいと思います。

最後に重要になってくるのが整備記録です。

車検や点検がどこで行われていたか記入されていますが、
ディーラーで全て任せているのであれば安心できますが、
様々な民間の整備工場で行っていたり1つに決めていない場合は気をつけた方がいいと思います。