かんたん車査定ガイド

前の所有者がどんな方か車で判断

前の所有者がどんな方か車で判断

中古車を決めるときにどのことに注意したほうがいいか、
そんなところにも気づかないといけないの?
と様々なことが浮かび上がると思いますが、
注意しなければいけない点をチェックするところ等を紹介します。

前の所有者の扱いによって、車の質は変わってきます。

例えば、タバコを吸わない家族が少しでもタバコの臭いのする車に乗っているのは、
密室になる車ではとても苦痛に感じると思います。

このように些細なことから、小さい事でも見つけるようにします。

前の所有者がどんな方か車で判断
前の所有者がどんな方か車で判断

 

 

まずは、車のドアのふちをよくチェックしてください。

欠けていたり塗装が剥がれているなどのことがあれば、

前の所有者は扱いがあまり良くなかったという事になります。

他の箇所も同様に、見てみると同じような問題や違うことも見えてくるかもしれません。

これらがあることでは、中古車としてはあまりいい車とは言えないので、別の車を見たほうが無難だと思います。

タイヤやホイールの箇所では運転の仕方や車の扱いがわかります。

それと、ドアミラーです。この3点から分かることは、運転をしている時どうしても不注意などで、傷が付きやすかったりぶつけやすい箇所になります。

 

 

これらの点がないクルマは、前所有者の運転の仕方や車を大事にしていたかなどが見えてきます。

特に、左側のミラーであったり、タイヤ自体にキズやこすりなどがある場合は、運転があまり上手ではなかった可能性があります。

縁石に何度もこすっていたり、ぶつけていたりする車は選ばないほうがいいと思います。

運転があまり上手ではない方の車ですと、他にも問題がある場合があります。

修理が頻繁にあったり、大きく破損してしまった場所を直したり、なんてことがあるといい車ではないので、選ばないのがいいと思います。

シートのシミや傷なども入念にチェックする方がいいですね。

 

 

車内でタバコを吸っていても大丈夫な方は、焼け焦げなどの有無もしっかりと見たほうがいいです。

きちんとしている車では、前所有者がメンテナンスもしておりモノを大事にしている性格が出るとこでもありますので、安心した車だと思います。

中古車でも一人しか乗らなかった車もあれば、複数の方が今まで何回も中古車として販売に出され、何人もの方が所有者になった車と二手に分かれますので、この点も営業マンに確認してみるとよりいいのではないでしょうか。

そして車の雰囲気を見極めるポイントです。

最初は数多くの車が何台も並んでおり全く気付かないと思いますが、

空気でどんな車かも判断することができます。