かんたん車査定ガイド

中古車の、事故車の見極め方

必ず事故車は存在します。

ほとんどの方が、事故車は避けたいと思われると思いますが、
程度によっては事故車も案外このぐらいの事故という感じであれば、
安く今後の車両にも支障はでなさそうだなというものもありますので、
一概に絶対買ってはいけないというわけではなく、
検討してみるのもいいかもしれません。

修復歴になりますが、
まずはこの修復歴の範囲を確認するといいと思います。

この修復の範囲が多い場合は、
その車の購入は避けるべきです。

自分の中で、車をチェックする場合、
この部分は車の情報と照らし合わせても、
なんとなく違和感があるなと感じる場合もありますが、
その場合は営業マンを信じて、説明を聞くといいと思います。

それほど、信頼ができる方と巡り会えると、とてもいいでしょう。

中古車の、事故車の見極め方
中古車の、事故車の見極め方

 

 

事故車の中でも、実際に事故を起こしていない車もあります。

それは、少しぶつけてしまったけれどへこんでしまったり、
リアパネルやフロントパネルを交換しているだけで、
事故車扱いの規定に入ってしまうので、
事故車という肩書きが付いてしまうのです。

けれども、実際の事故が起き交換したわけではないので、
とてもお得なお買い物ができるのではないでしょうか。

車にシーリングというものがありますが、
これは素人では少し判断をするのが難しいかもしれませんが、
でも見るポイントさえ押さえればなんとなくあった!
という様にわかるかもしれません。

まずはドアの部分になりますが、
ドアを開けた際裏側のつなぎ目のところに普通はシーリングというものが入っています。

この形を、それぞれ見ていくとある程度正常な形が分かるかと思いますが、
全て同じ形なら問題ないと思います。

ですがひとつだけ違う場合は注意が必要です。

それは、ドアを交換した可能性があるからです。

ドア交換だけならさほど敏感になる必要はありませんが、
ドア部分の箇所だけではなく他にも修正箇所があれば、
この中古車は広範囲に及ぶ修繕があると思われますので、
購入は避けたほうがいいでしょう。

エンジンルームの中にもシーリングはあります。

まずは左右見て見ると、左右対象であれば問題はありませんが、
フロントホイールやフレームは交換や修正がされるケースが多いので見つけた場合、
営業マンに確認してみるといいです。

シーリングが割れている場合は確実に、
交換された可能性がありますので、
注意してほかの箇所も見てみるといいでしょう。

何度見てもあまりわからない場合はディーラーに行くと、
同じ車が並んでいたりするので説明を受けながら、
教えてもらえると参考になると思います。