かんたん車査定ガイド

優良中古車の探し方

本当にお値打ちな車

安いだけが魅力は危険

いまでは、オンラインの発達なども関係して、モノを購入する方法は多様化しています。

そのような中にあって、消費者の側が賢く選択しなければ、もしかしたらあまり程度の良くないものや、全く効果のないものを購入してしまう恐れもあります。

さて、モノによっては金額がかなり大きくなります。

たとえば、車などはその良い例でしょう。

安いだけが魅力は危険
安いだけが魅力は危険

 

 

中古車を購入する時には、新車を購入する時に比べて、さらに注意が必要です。

なぜならば、購入方法がたくさんあり、どのような方法で購入するかによって、その後が大きく変わってくる可能性があるからです。

たいていの場合、消費者というのは、他よりも安いという言葉に反応するものです。

ですから、中古車選びの際にも、他よりも安く手に入る方法があるとか、他の店よりも安く売っているところがあるという話が持ち上がると、そのようなところに興味がわくことでしょう。

しかし、他より安い場合には、2通りの可能性があります。

 

 

つまり、安さにはしっかりとした理由がある、つまり安く売っていて当然である場合と、もう一方は、本当にコストパフォーマンスが優れている、つまりお買い得車であるという点です。

さて、このような話はわたしたちの身近なところでも生じる可能性があります。

たとえば、友人から紹介される場合もあるでしょう。

車を探しているのであれば、知り合いが安く売っているから紹介してあげようという話が持ち上がる可能性があります。

しかし、そのようなケースでは要注意です。

もしかしたら、その友人に悪意はまったくなく、むしろ善意で言ってくれるのかもしれません。

安く買ってほしいという気持ちから、そのような友人を紹介するのかもしれません。

 

 

しかし、その友達が車に関して非常に詳しく、中古車の程度を見極めることができる場合は別として、なぜ安く売られているのかを知る必要があります。

もしかしたら、大きな事故を経験している車で、ある程度きれいには修復されているものの、骨格自体が歪んでいたのかもしれません。

そのような状態の車は、安くて当然です。

その中古車屋さんも、オークションなどで非常に安く仕入れてきて、修理して販売しているのかもしれません。

実際、そのような車の方が利益幅が大きくなるかもしれません。

ですから、良い中古車を探しているならば、安いということがいいことにつながるわけではないということを覚えておきましょう。