かんたん車査定ガイド

中古輸入車

輸入中古車を探すこと

保証内容をチェックすること

輸入中古車も中古車の一種ですので、新車と比較すれば、それなりに走行距離を走っている分、故障するリスクが高くなります。

そこで、もしも故障した場合の時のための対処を最初の段階で行っておきましょう。

故障対策としては、保障をしてくれるかどうかについて、中古車販売店に確認をすることが重要です。

保証内容をチェックすること
保証内容をチェックすること

 

 

輸入車の場合、中には修理をするためには、パーツの交換をしないといけないようなケースも出てくる可能性があります。

パーツは国内にはなく、海外の製造元の方からパーツを取り寄せることになってしまう可能性もあります。

これらの修理をすべてあなたが負担をすることになると、修理費用がかなり高くなってしまう可能性も否定することはできません。

そこでもしも購入した輸入中古車が故障をした場合、きちんと販売店の方で面倒を見てくれるかどうか確認をすることは、とても重要なのです。

 

 

保証の確認についてですが、まずは保証をしてくれるのかどうか、有無について確認しましょう。

販売店自体が保証をしていないケースもあります。

また販売店で取り扱っている輸入車の中でも保証のきくものもあればきかないものもあるかもしれません。

特に走行距離がそれなりになってしまっている中古車の場合、故障が起きるリスクはかなり高いです。

そのような自動車は、かなり安い価格で販売されているはずです。

その代わりもしも何か起きたとしても、販売店では面倒を見ないよと言うわけです。

異常に安い価格で販売されている中古車があれば、安易に購入するのではなく、なぜ安いのか、きちんと故障をした時に保証を受けることができるのかどうかについて確認をすることです。

 

 

保証があると言うことだけで、安心するのはまだ早いです。

保証を受けることができるのであれば、保証書が発行されるのかどうか確認をしましょう。

保証書を発行せずに、ただ口で保証すると言っている場合、もし実際に購入してその中古車が故障をしてしまった場合、相手にとぼけられたらどうすることもできなくなってしまいます。

ですから、保証書をきちんと発行してくれる販売店で輸入中古車は購入するようにしましょう。

 

 

保証書が渡されたら、保証内容について記述されていると思われます。

その内容についてもきちんと確認をしておきましょう。

もし書かれている内容が良く分からない、あいまいな表現が随所で使われていると思ったら、その販売店で購入すべきではありません。

信用できる販売店で購入しましょう。