かんたん車査定ガイド

中古輸入車

輸入中古車を探すこと

ディーラー車と並行車

輸入車には、さらにこのジャンルの中でも2つのタイプに分類することができると言われています。

輸入中古車を購入する時に、判断材料の一つになる可能性もありますので、両者の特徴や違いについて、あらかじめ理解をしておいても良いでしょう。

輸入車の中でもさらに、ディーラー車と並行車に分類することができます。

ディーラー車と並行車
ディーラー車と並行車

 

 

ディーラー車とは、メーカー直営店もしくは正規代理店で輸入された自動車のことを言います。

ディーラー車の場合、日本で最終的には使用されることを想定して、自動車が製造されていることがあります。

このため、日本の風土や環境、規格にのっとって、自動車が製造されています。

道路交通法にも符合した中で製造されているので、国土交通相の認可も受けています。

正規に輸入されているので、ディーラーで自動車を購入すれば、そのまま自動車を行動で運転することができます。

 

 

並行車と言うのは、正規ディーラーが正規のルート以外で輸入した外国車両のことを指します。

正規のルート以外と言っても、問題のあるルートから取り入れているわけではないので、安心して下さい。

商社や輸入を専門的に取り扱っている業者、輸入車を販売している所が、海外で車両の買い付けを行って、日本に輸入します。

その上で、ディーラーがその自動車を買取して、それが販売されている状態を指します。

ディーラー車は正規の輸入者ですが、並行車は非正規の輸入車と言うこともできるでしょう。

 

 

ディーラー車の場合、正規のルートで取引されている自動車なので、使用履歴が明白です。

また自動車を個体ごとにきちんとメンテナンスをしたり、情報もはっきりしているので安心して中古車であっても運転をすることができます。

しかもディーラー保証が付いてきますので、もしもの場合でも無償で修理を受けることができます。

またもしも他の自動車に買い替える場合には、買取もしくは下取りに出すことになります。

この時、結構価格が大きく値崩れをするリスクは少ないと言われています。

ですから、次の自動車購入資金にかなりの額を充てることもできます。

並行車の場合、もともとは海外で走ることを前提にして製造されている所があります。

 

 

同じ車種であっても、日本仕様にカスタマイズされているディーラー車友少し違ったデザインになっていることもあります。

このため、より個性的な自動車を乗り回すことができます。

またほかの条件がほとんど同じであれば、ディーラー車と比較してより安い価格で購入することもできます。