かんたん車査定ガイド

中古軽自動車

中古軽自動車情報について

軽自動車の値落ち

軽自動車と普通車の中古車買取りを比較した場合、軽自動車の方が値落ちしないといますが、その理由としては、普通車と比べて中古軽自動車の方が人気となっているからです。

人気となっている理由としては、経済的に普通車と比べて安くなっている事です。

経済的に安くなっている部分は、重量税や自動車税で普通車に比べて極端に安くなっており普通車の税金は3万以上するのに対して軽自動車は7千円位となっています。

他にも燃費が良い事や、維持費が安い事などがあり人気となっています。

軽自動車の値落ち
軽自動車の値落ち

 

 

人気がある事から中古車市場で需要と供給のバランスがとれているので、値落ち、しない理由となっています。

近年は、経済が停滞して不景気となっている時期が長く続いており、普通車の新車販売が不振な時でも、軽自動車の販売台数は変わらないようで、この事からでも、軽自動車が人気となっている事がわかります。

ここで勘違いをしてはいけない事は、新車の販売台数が伸びている時は、中古軽自動車の販売台数が伸びていると思われがちですが、逆で新車が伸びている時は、中古軽自動車の販売台数は伸びていない事です。

これは、中古軽自動車が値落ちしない事が原因で、値落ちしないので、中古車販売店の価格も高いものとなっているのが原因となっています。

具体的な例でみると、一般的に3年落ちの中古軽自動車の販売価格は50万円位から120万円位と幅が広く、60万位となっている時の状態としては、走行距離が5万km位か事故車が相場となっています。

 

 

また、新古車の場合は100万円位で販売される事もあるようです。

この様に中古軽自動車は買取りをして貰う方は得をする事が多い様で、逆に購入する方にとって車体本体に関しては得をすると言った感じは少ない様です。

中古軽自動車の査定が低くなる場合は、常日頃のメンテナンスが悪かったり、キズがあったりする場合、査定が低くなる、事がありますが、他にも、改造車は低く査定される場合があります。

低く査定される場合とは、改造内容がマニアックで自己満足させるために改造されている場合で、逆に、人気となっている部品を使用して改造を行っていると部品代が考慮されて高く査定される事があります。

最初に車を購入する時に、買取りや下取りを考えているのであれば、改造はできるだけ避けた方がよいようです。

 

 

特に下取りをする場合、メーカーの代理店は、自社以外の部品が使用される事を嫌う傾向があり、査定が低くなるので、下取りする場合は、元に戻せる位の改造とした方がよいです。

そして、査定に出す時は元の状態に戻す事が大事となります。

自分で元に戻せない場合は、交換した部品を査定の時に提出するとよいです。