かんたん車査定ガイド

中古軽自動車

中古軽自動車情報について

購入時の選び方

軽自動車の幅や長さは規定されているので、規定サイズで作られていますが、その規定内で様々なアイデアがだされ、デザイン的にも車内空間にしても改善されており進化しています。

様々な軽自動車の中から、自分にあった中古軽自動車を選ぶには大変に迷う方もいるようですが、失敗しないためにも選ぶ時は、選ぶポイントをしっかり押さえ確認する事が大事となります。

 

 

購入時の選び方
購入時の選び方

第一のポイントとしては、軽自動車の一番のメリットは経済的に安い事です。

経済的に優れている部分は、税金が安い、維持費が安い、高速道路等の通行料が安い等は、どの中古軽自動車でも同じですが、燃費に関しては車によって異なるので、燃費のよい車を選ぶ事が大事となります。

軽自動車の燃費の事をもっと説明すると、最近は、ターボ車が少なくなってエコ車が主流となっています。

ターボ車は坂道や高速道路を走る時に、馬力不足で思うように走れなかったのが、ターボにすることで快適に運転できるようになったのですが、最近では、CVTが普及しており、ターボ車と同じ位に坂道でも高速道路でも快適にドライブする事ができるのでターボ車の代わりにCVTを選ぶ方が多い様です。

次のポイントとしては、デザインや機能性を重視する事です。

軽自動車といっても様々なタイプがあるので、自分のライフスタイルにあった車を選ぶ事が大事となります。

 

 

人気となっている中古軽自動車は、ダイハツのアトレーWやスズキのパレットSW等があります。

この車の特徴は、スライドドアとなっている事です。

このスライドドアが人気となっており、後ろドアがスライドドアとなっています。

人気となっている理由としては、狭い車に楽に乗り降りできる事で、左右にスペースがない駐車場でも、ドアの開け閉めに気を使わないで乗り降りできる事です。

スライドドアの良さは、小さい子供がドアに手を挟まれる事故も防ぐこともできるので、子育て中の方にも人気となっています。

他の機能面では、後ろの座席がスライドするタイプが人気となっており、スズキのワゴンRやダイハツのムーヴ等が代表的な後ろ座席がスライドするタイプです。

人気となっている理由としては、座席をスライドできる事で、乗り降りが楽になる事や、座席を前にスライドさせると座席の後ろの空間を広くする事ができ、大きな荷物を置く事ができるようになります。

第3のポイントとしては、中古車であれば、普通車でも軽自動車でも言える事ですが、しっかりメンテナンスされている車を選ぶ事です。

 

 

一般的な方は、車に対する知識がすくないので、メンテナンスがしっかり行われているか、確認するのは難しいのですが、前の方がどのように車をメンテナンスしていたかを知る方法として点検修理履歴を見せて貰うとよいです。

そして点検修理履歴に気になるところがあれば契約をする前にしっかり確認するとよいです。