かんたん車査定ガイド

中古軽自動車

中古軽自動車情報について

失敗しないための選び方

車を購入する場合、最初に普通車にするか、軽自動車にするか選択する事が最初ですが、軽自動車と普通車を比較した場合、経済的な面から見ると、税金や維持費、燃費等が軽自動車の方が安くなっています。

 

 

失敗しないための選び方
失敗しないための選び方

ただ、運転する場合は、普通車の方が疲れないと言う方が多く、長距離の移動が必要な場合は普通車の方が良いとも言えます。

この様な事から、軽自動車はセカンドカーとして購入する方も多いようです。

次に新車にするか中古車にするか決める事です。

最近では、全国展開している中古車販売店が多くできており、中古軽自動車から普通車まで様々な種類の車を揃えているので、自分にイメージにあった中古車を手に入れる事ができるようになっています。

しかし、中古車を選ぶ時は、購入した後に後悔しないためにも慎重に選ぶ事が大事となります。

後悔する理由としては、予算をオーバーするとか、故障が多いとか、キズが見つかったりする事です。

この様な失敗をしないためにも、購入する時のポイントをしっかり押さえ確認する事が大事となります。

そのポイントしては、購入する中古車販売店を選ぶ事と、車ローン、諸経費、修理履歴を確認する事です。

中古車販売点を選ぶ時は、自社の修理工場を持っているお店から購入するようにします。

自社工場にも様々な工場がありますが、メーカーの認定工場や指定工場となっている販売店から購入するとよいです。

その理由としては、メーカーからの指導を受けているので、故障した場合、短期間で修理が可能となる事と、技術的に安心できるからです。

 

 

ローンに関しては、金利の安い中古車販売店を選ぶ事です。

ローンの金利は販売店によって様々で一般的には実質年率5.8%~8.9%位となっているようです。

中古車を購入するための資金を、一般の金融機関から借りる事も可能なので、中古車をローンで購入する場合は、できるだけ安い金利とする事が大事となります。

諸経費に関しては、中古車販売店に支払い手数料と、登録必要な費用があります。

登録に必要な経費としては、ナンバー代や自賠責保険、重量税、所得税等がありますが、中古軽自動車の場合、普通車より安くなっています。

軽自動車の場合、地域によっては、車庫証明が必要ない場合もあります。

中古車販売店に支払う費用としては、登録手数料、車庫証明申請代行料、納車費用等があり、これらの費用は販売店によって差があるので、契約する前に費用を確認する事が大事となります。

修理履歴は、以前にどの様な修理を行っているかを確認する事です。

あまりにも修理が多いと、購入した後も故障する可能性が大きくなるので注意が必要となります。

 

 

また、修理個所で不安と感じる事があれば、契約をする前に、どの様な修理を行ったのかしっかり確認する必要があります。

不完全な修理の状態であれば思わぬ事故を誘発する場合もあるので、修理個所に関しては、しっかり確認する事です。