かんたん車査定ガイド

中古軽自動車

中古軽自動車情報について

中古軽自動車情報について

軽自動車は日本独自な車で、日本で普及している理由としては、国土が狭い事から、道路に電柱や歩道があり。狭くなっているので小回りのきく軽自動車が人気となっているようです。

他にも、軽自動車は税金の面等で。融合されており、セカンドカーとして利用される事もあるので普及率が高いようです。

軽自動車の特徴は、法的には、長さ3.40m未満、幅1.48m未満、高さ2.00m未満、排気量660cc未満の車となっています。

他にも、車体が小さい事から、燃料が少なくて済む、税金や保険料が普通車よりも安くなっている、人口10万人未満の地域では、駐車場を確保しなくても車を取得する事ができます。

税金や保険料の事を具体的に説明すると、まず、車を購入した時の、自動車取得税は普通車が5%に対して軽自動車は3%となっています。

自動車重量税は3年で9900円、軽自動車税は自家用車の場合、年7200円となっています。

保険の自賠責保険料は普通車が2年で24000円位に対して軽自動車の場合は21000円位となっています。

ただ、自動車保険の任意保険にかんしては、年齢や走行距離等の条件が同じであれば、保険料が大幅に安くなる事はないようです。

中古軽自動車情報について
中古軽自動車情報について

 

 

軽自動車に乗るメリットしては、経済面では、高速料金、税金、自動車保険料、維持費が安くて済む事や通勤や買い物をするためのセカンドカーとして利用する事や小回りがきくので初心者や女性向けとなっているので重量は多くなっています。

需要も多い事から、中古軽自動車を購入する方も多く、軽自動車を扱っている中古車販売店も多くなっています。

中古軽自動車を買取してもらう時や購入する場合、価格が気になりますが、価格はどのようにして決まられているか知りたいものです。

中古軽自動の場合も普通車と同じように、新車を1年以内で下取りや買取する場合は、新車の価格と、ほぼ同じ位の値段となる場合があります。

普通車がスクラップと同じ位の価値しかなくても、軽自動車の場合は、値段がつく事があり、10万円位の価格で取引される事もあります。

一般的には、中古軽自動車の価格は相場と同じ価格となり、年式が新しい場合や走行距離が少ないと高い価格となります。

査定に関しては、メーカーの代理店等に下取りしてもらう場合は、メーカーの基準に従って査定されるので、大きな変動はないのですが、中古車販売店等に買取してもらう場合は、販売店により査定内容に差があるので高く買取りをしてくれるお店を探すとよいです。

しかし、一般の方は、中古軽自動車がどのように価格設定されているかわからない事が多いようです。

この様な時は、信頼できる中古販売店と取引をするとよいです。

最近では、全国展開している大規模な中古販売店があるので、これらの中古販売店で取引するとよいです。

 

 

中古車販売店の中でも全国の販売店間に独自のネットワークを持っている事があり、購入希望している方と売却希望の方の情報を一括管理しているので、売却する方は希望額が高くても、中古車販売店は、購入する方がすぐに見つかるので、希望の価格で売却する事が可能となります。

購入する方も、安い価格を希望している場合での、見つかる事があるので、最初は安い価格の車から探していくとよいです。