かんたん車査定ガイド

中古軽自動車

中古軽自動車情報について

中古軽自動車のメリット

車と言っても様々な種類があり、乗用車としては普通車と軽自動車に大きく分ける事ができます。

普通車と軽自動車を比較した場合、軽自動車は経済面で普通車より安いので、多くの方が所有しています。

中古軽自動車のメリット
中古軽自動車のメリット

 

 

軽自動車の人気は高いので、中古車として買取りや、下取りして貰うときに、査定が高くなる事が多く思っていた以上に高値で取引される事があります。

普通車と軽自動車を比較した場合、軽自動車の方が、普通車より格段と価格が低く設定されているので、手軽に購入できる事が、人気の理由となっていますが、他にも経済的な面では、燃費がよい、自動車税、重量税が安い、高速道路や有料道路の通行料が安い、維持費が安い、自動車保険料が安い等のメリットがあります。

燃費は、軽自動車は全長3.4m以下、幅1.48m以下、高さ2.0m以下となっているので普通車と比べて、車体の重さが軽いので、その分燃費が良いと言う事です。

軽自動車の場合、一般的には27km/リットル位の燃費となっているようです。

最近では、普通車のトヨタのプリウスは38km/リットル位となっています、車自体の価格が高いので全体的にみると軽自動車の方が得かもしれません。

 

 

車を購入すると、自動車所得税、重量税、自動車税の税金を支払う事になりますが、この税金も普通車と比較した場合、軽自動車の方が年に数万位安く税金となります。

自動車所得税は軽自動車が3%なのに対して普通自動車は5%となっています。

重量税は、軽自動車8800円、普通自動車は25200円です。毎年支払う自動車税は、軽自動車は7200円、普通自動車は34500円となっており、全ての税金に対して軽自動車の方が安くなっています。

高速道路や有料道路の通行料金に関しては、軽自動車の方が、普通車よりも約2割位の安い料金となっています。

ただし、この料金は、地域によって異なり、また、首都高速等は割引がされないので、注意が必要です。

自動車保険には、自賠責保険と任意保険がありますが、自賠保険の場合、12ヶ月で軽自動車は、12090円、普通車は13850円位で、長期になればなるほど差が開いていき、軽自動車の方が安い保険料となっています。

任意保険に関しては加入条件が同じであれば、保険料の差はすくないようですが、保険会社によって異なるので、加入する時は保険会社の任意保険料を比較して加入するとよいです。

中古軽自動車が人気となっている理由として、経済的な面以外にも、車体が小さいので、小回りがきく事があります。

 

 

日本の走路には、電柱や歩道があったりするので、道幅が狭いところが多いですが、軽自動車の場合、車の幅や長さが制限されているので、小回りがきく車となっています。

この事から、免許取り立ての方や、女性に人気となっているようです。