かんたん車査定ガイド

試乗の際のチェック項目

試乗の際のチェック項目

間違いなく納得できる中古車を購入するために欠かせないポイントというのがあります。

それはどんなポイントだと思いますか。

車のコンディションをチェックすることでしょうか。

それもとても大切です。

特に中古車の場合はそれぞれの部分をしっかりと自分でチェックする必要があります。

しかし、コンディションをチェックして納得したからといってすぐにその車に決定してよいというわけではありません。

忘れてはいけないのが試乗をすることです。

中古車販売店では大抵試乗をさせてくれます。

中には試乗をさせてくれないお店というのもあります。

そのようなお店というのは悪いお店ですから、どんなに自分が好きな車だったとしても買わない方が良いかもしれませんね。

試乗の際のチェック項目
試乗の際のチェック項目

 

 

もしもなんの問題もないのなら試乗をさせてくれるはずだからです。

では、試乗をする時にどのようなことをチェックしたらよいのでしょうか。

運転席に座っていきなりエンジンをかけないようにしましょう。

まずは座り心地をチェックしましょう。

シートの高さや背もたれの角度などはスムーズに調整することができるでしょうか。

複数の人が運転する場合はこの点もチェックする必要があります。

さらに、視界もチェックする必要があります。

思ったより視界が狭く資格が多いという場合もありますからね。

これらのことをチェックしたのちにエンジンを×ようにします。

 

 

ここで重要なポイントは一発ですぐにエンジンがかかるかどうかということです。

一発でかからない場合は、仮にその後試したときに一発でかかったとしても用心する必要があるかもしれません。

やっとアクセルのチェックです。

ひっかかりがあったり、急発進や急加速がないかをチェックします。

アクセルに問題がある場合は事故に直接つながりますからここは真剣にしっかりとチェックします。

ブレーキをチェックする時はブレーキの効き方だけでなく、変な音がしないかもしっかりとみるようにします。

次に、ハンドルやギアチェンジがスムーズにいくかどうかをチェックします。

変速する時の変速ショックがどれほどあるかもポイントです。

サスペンションは段差やカーブなどでわかります。

変な音がしたりショックが吸収しきれていない場合がありますよ。

最後は走行チェックです。

ハンドルをまっすぐにした状態で車がまっすぐに進んでいるかどうかをチェックすることでわかります。

ただ試乗して感覚的に良いかだけでなく、これらの項目をチェックしましょう。