かんたん車査定ガイド

中古車選びの達人

中古車のメリットとしくみについて

走行距離メーターを確認する

中古車を選ぶ際に、走行距離を入念にチェックすることは重要です。

走行距離とはその車で今までにどれだけの距離を走ったのかを示す目安となります。

その距離が長ければ長い分、車全体に劣化が進んでいると解釈できます。

走行距離メーターを確認する
走行距離メーターを確認する

 

 

走行距離とは運転席部分のメーターに表示されている数字のことです。

車を運転される方ならその位置が大体わかるかと思います。

中古車を実際に見に行ったら、走行距離が価格などの情報と一緒に記載されているはずです。

中のメーターと照らし合わせてみて数字があっているかをまずは確認してみましょう。

しかし中には悪質な業者もおり、メーターを改ざんしている場合もあるのです。

少しでも走行距離を押さえることでその中古車を買わせようとするからです。

そこで私たちはそういった業者に騙されないためにはどうすればよいのでしょうか。

まず第一に信頼できる業者を選ぶことだと思います。

中古車を販売している業者は多数あります。

 

 

厳しい基準を設けて不正をしないと公表しているところを選ぶのもいいでしょう。

またスタッフの応対がしっかりしている、質問にも素早くこたえてくれるなど社員教育が行き届いている業者も信頼度が高いかと思います。

しかし自分自身でも走行距離をチェックするポイントがあれば知りたいと思いますよね。

その方法の一つに車のフロアマットを確認するやり方があります。

気になる中古車があったらフロアマットを見てみましょう。

もしもマットの損傷があまりにも激しかったり、もしくは新品に取り換えられていたとしたら、メーターの走行距離と照らし合わせて考えてみるといいでしょう。

また運転席のシートをチェックする方法もあります。

車を運転するときは必ず運転席に座るわけですから、そこの損傷が激しければその分走行距離も多くなっているはずだからです。

 

 

さらには運転席部分のボタン、ギア、ハンドル部分などの損傷具合をチェックしてみましょう。

そういった箇所は運転するときに必ず触れる場所です。

よって走行距離が長ければ長いほどに、傷、汚れ、文字が剥げているといった状態になりやすいのです。

そうした結果、損傷具合とメーターの走行距離に違和感を感じるのであれば、業者に聞いてみるといいでしょう。

曖昧な答えをするような業者だったりしたらそこは信頼できないと考えていいかと思います。

騙されて質の悪い中古車を買わないためにも自分自身で車をチェックする目を養うことも重要だと思います。