かんたん車査定ガイド

中古車選びの達人

中古車のメリットとしくみについて

基本情報をチェックする

中古車を見る際にどういった箇所をチェックすればよいのでしょうか。

よほど車が好きな人でなければ、一生のうちにそう何度も車を買い替えることってないかと思います。

そして中古車となると一度、もしくは複数の人が乗っていた車です。

よってある意味新車よりも入念にチェックする必要があるかと思うのです。

基本情報をチェックする
基本情報をチェックする

 

 

中古車選びで失敗しないためにも中古車でチェックするべきポイントについて考えてみましょう。

まずは中古車の基本情報をチェックするようにします。

基本情報とは一体何のことでしょうか。

中古車の展示場に行ったことがありますか?

そこへ行くと複数台の中古車が陳列されており、それぞれに価格が付けられているかと思います。

その価格表に書かれている事をよく見てみましょう。

まずそこで一番最初に目につくのが価格だと思います。

 

 

購入予算がある程度決まっている方であればまずは価格によって車種を絞り込んでいくかもしれません。

しかしこの価格ですが、これだけ払えばすぐにこの中古車に乗れるというわけではないのです。

その車が乗れる状態になるまでは様々な税金や諸費用がかかってきます。

それらの費用は別途かかります。

おおよそ車両価格にプラスして20万円はかかると思っておいたほうがいいでしょう。

 

 

次に年式をチェックしましょう。

その車が国内においていつ頃登録されたのかをチェックします。

国産車であれば登録された年月がその車の年式として理解していいと思います。

しかし輸入車の場合は注意が必要です。

日本で登録された日イコール年式ではありません。

輸入元で乗られていた年数を含めてその車の年式として考えなければいけないのです。

次に車検の有効期限をチェックしましょう。

車検は新車以外は2年に一度受けることが義務付けられています。

税金や部品交換など諸費用を考えますとどうしても10万円前後は費用がかかる場合がほとんどです。

それを考えると車検が切れている、有効期限が少ない中古車だとすぐに車検費用が発生してしまうということになります。

走行距離数をチェックしてみましょう。

走行距離とは今までにその車がどれだけ走ったかを表す数字です。

年式が浅い車だったとしても走行距離が多いとその分エンジンや部品の劣化が進んでいるととらえることができます。

 

 

メーターが故障している場合もあり、その際は走行距離が不正確であることが明記されています。

もしも気になる中古車の走行距離が不明な場合はきちんと業者の人に説明を求めることをお勧めします。