かんたん車査定ガイド

中古車の価格は、車種全体の人気や個々の車の状態によって変わってきます。

中古車市場は、需給、欲しい人と売りたい人のバランスで値段が成立するので、人気のある車種は需要があり、価格は高くなります。

売る人が少ない車に欲しい人がたくさんいると高くなるので、性能とは関係がありません。

色にも人気のものがあり、人気色は値段が高くなります。

そのため、人気が低い色ならば、交渉次第で値引きをしてくれる可能性があります。

また、走行距離が短かったり車体に傷がほとんどなかったりするような車も同様に、価格は高くなります。

反対に、自身がどのような乗り方をするかを考えた上で、それにあまり関係がないような要素、例えば一般的な人気な車体の状態などにこだわらないのであれば、あまり高くない価格で気に入った車を購入することができるはずです。

欲しい人と売りたい人のバランス
欲しい人と売りたい人のバランス

しかし、人気の車は価格が高くなりますが、修理のことを考えるとすぐに部品が手に入りやすいというメリットもあります。

また、よく調べてみると、ワンランク上の車種が、実は人気があまりない車種ということもあります。

そうなれば、今欲しいと思っている車種と同じくらいの中古車の価格で、ワンランク上を購入できる可能性があります。

これは、排気量や税金が大きく関係します。

中古車では、大きな排気量の車は人気が低いようです。

安い車を探している人が中古車を購入するケースが多いので、税金や燃費を考えると排気量が少ない方が経済的なので人気が高いです。

こうなれば、年間の維持費の差と中古車価格の差を調べて検討してみてもいいのではないでしょうか。

上のランクの車の方が、乗り心地がいいので、金銭的に迷うところでしょう。

車のグレードは、運転席のコックピット、ハンドル、シフトの部分の違いはすぐに分かるはずです。

ワンランク上の中古車の方が、部品などは良質のものを使っていたり、構造や遮音性、足回りなどに優れていたりすることがほとんどです。

その良し悪しの決めてとしは、後部座席に乗ってみて、その居住性や遮音性、振動などを確かめる方法もあるので、余裕があれば試してみてもいいかもしれません。

必要上から、運転席にお金をかける人が多いと思いますが、後部座席までは素材や構造が行き届いていないこともあります。

高級車と呼ばれるような良い車は、後部座席の乗り心地も良質なはずです。

運転を他の人にしてもらい、砂利道や段差のあるところを、少しスピードを出して走ってみるとその違いが分かりやすいです。