かんたん車査定ガイド

日本の車は、世界でも信頼と実績があるので、中古車であっても高価な取引がされることが多いです。

実際に、日本では必要とされなくなった中古車が、海外では大きな需要があるというケースも見られます。

そのため、中古車の価格が上昇することもありました。

ですが、最近では中古車販売に関する実績値が上昇しているようです。

これは、最近の世界経済が不調だったことが関係しているでしょう。

つまり、不景気のため中古車が海外に流通することが少なくなり、国内に留まるようになりました。

日本の中古車
日本の中古車

このため、国内での中古車販売実績が上昇しました。

しかし、これは一時的なことなので長期間続くことはないでしょうが、新車と中古車の数量の関係から、一定期間は中古車が国内で販売されやすい状況がつづくでしょう。

また、新車購入におけるエコカー減税や、補助金制度も大きく影響しています。

当たり前のことですが、同じ値段で中古車と新車を比べると誰でも新車を選ぶでしょう。

少しぐらいの値段の差でも新車を選ぶ人が多いと思います。

つまり、中古車購入においての最大のメリットだった割安感がなくなったことが原因で、売れなくなってしまったのです。

そのため、中古車の価格を下げたのです。

平均して5万円近く中古車の値段が下がっています。

どこまで値下がりするのかは不明ですが、エコカー減税・補助金制度があるあいだは安くなる傾向にあるでしょう。

今後も値下がりが続くはわかりませんが、少なくともエコカー減税・補助金制度が終われば値上がりしてしまうと予測できます。

中古車を購入するならば、この時期に購入しておくことがお得でしょう。

現在、中古車のほとんどは、オークションを通じて売買されています。

オークション会場に行ってみると、広い駐車場がある会場に車がずらりと並んでおり、一台一台が会場内へ入ってきます。

業者は狙った中古車やオーダーを受けている中古車を競りに行きます。

人気が高い中古車ならば値段がどんどん上がっていき、人気がないとすんなり決まります。

日本の中古車は、オークションに出品される時に、ある一定の基準を満たしているか検査します。

事故車かそうでないか、傷があるのか、痛みはどの程度かなどの審査が行われます。

そのため、中古車の値段は、昔ほど差がなく縮まっています。

ほとんど基準価格の範囲内で動き、ハズレと言われてしまうような、悪い中古車を掴まされることはかなり少なくなりました。

そのため、国産車はかなり安心できます。ただし、外車には注意が必要です。