かんたん車査定ガイド

中古車比較のポイント

近くで確認すること

近くで確認すること

中古車を販売店で確認する時には、まずは遠くからチェックをしましょう。

できれば、日中の晴れている時を見計らって、チェックをすることをお勧めします。

そうすると、ボディのゆがみや傷、ちょっとしたへこみもきちんと確認をすることができるはずです。

遠くから自動車全体をチェックすることができたら、今度は近くから中古車の状態についてチェックをするようにしましょう。

近くで確認すること
近くで確認すること

 

 

まずフロントフェンダーとバンパーの所を確認してみましょう。

フロントフェンダーとバンパーの所には、隙間があると思います。

この隙間が左右で均等を保っているかどうか、確認をしましょう。

もしどちらかの方が隙間が狭いということになれば、事故歴を持った中古車であることが疑われます。

またランプカバーの所もチェックしてみると良いでしょう。

ランプカバーの所に水滴が入ってきていないかどうか確認をしましょう。

水滴が入っているかどうかは、中古車を購入した後の車検に影響をもたらす可能性があります。

もし水が入っている場合には、車検を通すことができなくなってしまいます。

カバーの内側に水滴が入っているということは、ランプのどこかにひびが入ってしまっている可能性があります。

もしどうしてもその中古車を購入する場合には、カバーの所の修理をしてくれるかどうか、確認をしておきましょう。

 

 

またタイヤの状態もきちんと確認をしておくべきです。

タイヤが片減りをしているということはないかどうか、確認をしてみると良いでしょう。

中古車である以上、ラバーの所が多少摩耗をしているのは仕方がありません。

全体的に同じくらい摩耗をしているのであれば、気にする必要はありません。

しかし片方の所が異常に摩耗をしているのであれば、アライメントが狂っていることが原因の可能性があります。

その場合には、まっすぐ自動車を走行することができない可能性があります。

 

 

もし全体的に摩耗をしていても、タイヤの溝がほとんどなくなってしまっている場合には、タイヤの交換をしてくれるかどうか確認をしておきましょう。

優良な中古車販売店の場合、無償でタイヤの交換をしてくれる場合もあります。

タイヤを自分で交換することになると、結構コストがかかってしまいます。

下回りの所も確認しておきましょう。

ボディの所はきちんと修理をしていても、した周りの所には、痕跡が残っていることが多いので、チェックポイントになります。