かんたん車査定ガイド

中古車比較のポイント

近くで確認すること

新古車を購入する

いろいろと中古車情報を調べていくと、新古車と言う商品が販売されていることもあります。

新古車は「未使用者」と言う風に掲載されていることもあります。

新古車とは、事実上は新車と一緒の中古車を指します。

しかしすでに新車登録をしてしまっているので、純粋な意味での新車ではなく、新古車と言う扱いを受けることになります。

例えばディスプレイもしくは市場のために新車登録をしている場合もあります。

この場合、多少は走行距離が出ているかもしれませんが、ほとんどレベル的には新車と変わりません。

また中古車販売店の中には、販売台数のノルマを課しているような所もあるかもしれません。

ノルマをクリアできそうになかった場合には、新車登録をとりあえずしてしまって新古車扱いにしてしまうこともあります。

中古車業界では特に、3月とか9月と言った決算の時期になると、より多くの新古車が出回ることになります。

新古車を購入する
新古車を購入する

 

 

新古車は中古車として、新車とほとんど変わらないような自動車を購入することができると言うメリットがあります。

しかし新古車であれば何でもお買い得とは限らないということを注意すべきです。

まずは価格を必ずチェックするようにしましょう。

現在の新車ですが、国産車を中心に、かなりリーズナブルな価格で購入することができるような新車もあります。

新古車を購入した所、新車で似たような車種で同じくらいの価格、もしくはより安い価格で購入することもできると言うケースもあります。

ですから新車と比較して本当にお買い得な新古車なのかどうか確認をすることが重要です。

 

 

また新古車を購入することができる店舗が少ないということにも注意をしたほうが良いでしょう。

簡単に言ってしまうと、中古車販売店では、新古車を取り扱うことを嫌がる傾向があるからです。

新車同然の自動車を中古車の割引価格で販売しないといけません。

すなわち、どうしても利益が薄くなってしまうので

「売るだけ無駄」

という意識が販売店にはあるわけです。

もし新古車を購入したい場合には、販売店に直接聞いてみるといいでしょう。

「このようなタイプの新古車を探しているのですが、見つけてもらうことはできますか?」

と言った感じで、質問をすることです。

もしお客さんからの注文と言うことになれば、販売店も動いてくれます。

もうけは少ないかもしれませんが、確実に利益を手にすることができるからです。