かんたん車査定ガイド

中古車比較のポイント

近くで確認すること

バッテリーの確認をする

通常中古車販売店では、納車をする時に、バッテリーについては新品のものと交換をしている可能性が高いです。

しかしすべての販売店でというわけではないので、交換をしてくれるかどうか、営業マンの人に確認をしておくことをお勧めします。

ちなみにバッテリーを購入する場合には、カー用品店に行けば、いろいろと販売されています。

ちなみに商品を比較すると、格安料金で提供されているようなバッテリーもあります。

しかしこのような格安料金で販売されているバッテリーは、性能に劣る所があります。

特に雪国で自動車の運転をする場合には、格安のバッテリーを購入するのは控えた方が良いでしょう。

バッテリーの確認をする
バッテリーの確認をする

 

 

性能の悪いバッテリーの場合、寒い所では始動が鈍くなってしまったり、耐久性能が高くないことが多いので、雪国にはマッチしていないケースが多いのです。

もしバッテリーを自分で購入する場合には、純正規格をクリアしているかどうかをきちんと確認しておくことをお勧めします。

純正規格に達していない場合には、そのバッテリーは購入すべきではありません。

雪国や寒冷地で自動車を運転する場合には、大型の寒冷地仕様車に搭載することを想定している商品があります。

このようなバッテリーに交換をしておいた方が、冬場でもトラブルを起こすことなく走行をすることができるはずです。

もしも1年間の期間限定で寒冷地で自動車の運転をする場合には、格安のバッテリーを購入したとしても、十分に持たせることも可能になるでしょう。

 

 

ボンネットのエンジンルームの周辺には、ゴムで構成されているパーツがいろいろとあると思われます。

このゴムのパーツですが、確実に経年劣化を起こしてしまいます。

そこで、きちんとゴムの状態がどのようになっているのか、中古車の場合には確認をすることをお勧めします。

もしゴムの弾力が失われていると判断できる場合には、交換をすることができるかどうか、中古車販売店のスタッフに確認することをお勧めします。

ちなみにゴムのパーツの劣化について、素人では判断をすることが難しいのではと思っている人もいるかもしれません。

確かに最初のうちは、ゴムを実際に手で触ってみても、なかなかピンとこないこともあるかもしれません。

しかしいろいろな中古車のゴムを実際に触っているうちに、劣化しているゴムとはどのようなものか、何となく分かってくると思います。

ですから、できるだけ多くの中古車のゴムを触ってみることをお勧めします。