かんたん車査定ガイド

中古車最前線

初めての車

車は私の足

都会の人には信じられない事かも知れませんが、私の住んでいる地域は、本当に田舎で、自然は豊かですが、見渡す限りの山と、田畑に覆われています。

別名、緑色のマンションに囲まれていると言う人もいる位です。

そんな田舎での生活には、車は必需品で、1軒に1台どころか大人の数だけ車が必要でもあります。

 車は私の足

車は私の足

 

 

公共の交通機関もありますが、バスは1時間に1本もないし、料金が無茶苦茶高いし、JRの福知山線や加古川線もあるのですが、福知山線に関しては1時間に1本位で、加古川線に関しては3.4時間に1本で、車がないと駅までどうやって行ったらいいのかと、途方に暮れる程の田舎町に私は住んでいます。

高校を卒業して結婚をし、8年近く大阪で生活をしていると、交通の便が良く電車やバスも1時間に何本もあるし、歩いて行ける所に大型スーパーや病院など多々あって、車がない事に不便を感じる事も無かったし、反対に車はお金がかかるから必要はない!とまで思っていた位です。

ですが、一人娘の保育園の入園をきっかけに、私の両親と同居する事が決まった時に、慌てて自動車教習所に通い、運転免許を取得して、私専用に車を中古車で購入して、実家に戻って来て同居を始めました。

 

 

実家を立て直しした為に、住宅ローンを組むことになり、私も何年かは専業主婦だったのですが、働く事にしたのですが、田舎ではとにかく運転免許を持っていないと就職も難しく、自分専用の車がないと、生活するには支障が多すぎると実感しました。

母は運転免許が無く、歩いて行ける所にある小さなスーパーに自転車で行っていましたが、品数が少なく値段も高い為に、私の休日には私が運転する車で買い物に行かなければならず、風邪を引いても病院に行くには車が必要で、娘が熱を出す度に車を走らせ病院通いを何度もしました。

そして今では、両親も亡くなり一人娘も嫁いで行き、離婚をして一人暮らしになった私には、中古で買った愛車が私の足代わりとなって、私の生活を支えてくれています。

時には車は維持するだけでとてもお金がかかり、車のない生活をしたいと思うのですが、車がないと仕事にも行けず、生活の糧を失ってしまう事になります。

毎日の買い物や、病院に行ったり、市役所や銀行に行くのも車がないとどうする事も出来ないのが現状です。

 

 

歳をとって足が不自由な人でさえも、車の方が楽だからと言って、介護認定を受けながら車に乗る人が私の住む地域では、本当に多い事に驚かされます。

私もいずれはそうなるかも知れませんが、本当に今の中古車で買った私の愛車は私の足代わりになって、私を助けてくれているのが事実なのです。