かんたん車査定ガイド

中古車最前線

初めての車

初めての車

私が初めて運転免許証を取得したのは、今から約25年前で当時は26歳と言う年齢でした。

周りの人は、大抵は高校を卒業した時点で運転免許証を取得していましたが、高校を卒業してから就職までの期間が大変短かった為と、就職先の企業が運転免許証を取得する事を条件とせずに、交通の便利な場所のあった為です。

その為に、私自身も運転免許証を必要とも思いませんでしたが、結婚をして実家に戻る為に、交通の不便な田舎では運転免許証と、自分専用の車がなければ生活に支障が出る為に運転免許証を取る事に決めました。

初めての車
初めての車

 

 

難しいと言われていた運転免許証の試験も無事合格すると、とにかく自分専用の車が欲しくなります。

主人の車はあったけれども、普段は通勤の為に使っていました。

心の中で私の車が欲しいなと思っていたのですが、中々口に出す事が出来ずにいたのですが、丁度運転免許証の試験に合格したのが金曜日で週末は主人も仕事が休みでした。

朝起きると突然「車を見に行こう」と言い出し、車で暫く行った所にある国道沿いの中古車センター巡りをする事になりました。

たかが中古車と言っても値段はピンからキリまであって、目移りがして中々決める事ができませんでした。

それまで自分が車を運転するなど考えた事も無かったし、車は誰かに乗せて貰う物ばかりだと思っていたから、車には興味も無かったし知識も全くありませんでした。

そんな私に主人は運転初心者だから軽自動車で、女の子らしい可愛い車を探そうと、多くの中古車センターを見て回ったのです。

何件か中古車センターを回ったのですが、中々気に入った中古車が見つからずに諦めかけていた時に、真っ赤な三菱のミニカが見に止まりました。

小さくて可愛くて私は一目ぼれをしてしまい、主人も気に入って即契約をして一週間後には納車となり、私は人生で初めて自分専用の車を手にする事が出来ました。

 

 

主人には散々、免許を取ってすぐに自分の車を買ってもらえるなんて感謝しろよ!

と言われましたが私も本当に主人に感謝をして素直に

「ありがとう」

が言えました。

 

 

そして、それはそれは大切にして毎週のように洗車をしてワックスをかけ随分大事にしたものです。

 

 

いつもピカピカに磨き上げ、毎週のようにカーショップでカー用品を購入し、私の車はお洒落にアレンジされて行きました。

時には手作りの大きなステッカーを貼り、私だけのオリジナルな車に変身したものです。

今まで何台かの車に乗って来たけれども最初の車は一番印象に残っていて今でもはっきりと覚えています。