かんたん車査定ガイド

中古車攻略マニュアル

新古車とは
新古車とは

中古車販売店にいくと新古車と呼ばれる車が販売されていることがあります。

正式には新古車と表示は不当表示とされており、新古車として表示して販売するとは禁止されています。

新古車といっても中古車であることは変わりないので新車と間違えてしまうような表記の仕方は購入を考えている方にとって紛らわしい名称で、迷わせてしまうので禁止とされているようです。

その為、最近は未使用車や登録したばかりの車ということで新古車が販売されています。

しかし、なぜこのような車が流通しているのか疑問に思いませんか。

新古車とは
新古車とは

 

 

その最大の原因はメーカーの生産しすぎにあるようです。

車は大量生産することで1台あたりのコストが下がります。

その為、自動車メーカーは多少無理はあっても計画通りに車を生産します。

そこで、時に生産されすぎという事態がおこり、ディーラーに車が余ってしまうということがあります。

生産された車を売らないことには利益になりませんから、その車を一度は、自社名義で登録し、その後中古車として中古車販売店に流通されるといいう結果、新古車と呼ばれる中古車が流通するわけです。

 

 

このような新古車を買うメリットはあるのでしょうか。

それは大いにあるといえるでしょう。

まず、ひとつめのメリットとしては新車と比べて値段が安いという点です。

新車と同じように作られた車ですが、一度、ディーラーなどで登録され、試乗車などとして利用された車なので、これも立派な中古車です。

使用頻度が少ないといっても中古車を新車と同じ値段で売るわけにはいきません。

その為、新車よりも安い値段で新車とほぼ変わらない状態の中古車を購入することが出来るのです。

この点はユーザーにとってはお得なメリットといえるでしょう。

また税金を考えても新車を買うのに比べ、10万円ほど安くなるといわれています。

 

 

ここまで考えるとお得な買い物かと思いますが、これはあくまで自分の希望と新古車の装備がなどが一致していた時です。

新車の魅力は自分で好きなボディカラーを選べたり、装備なども自分好みにお願いしてから発注できることです。

しかし、新古車の場合、あくまで現状のままの販売ですので、あとから自分好みのオプションなどをつけようと考えた場合、新車の値段よりも高くなってしまうこともあるのです。

なので、全ての新古車がお得かといえばそうではないと言えるのです。

新古車は新車の価格の20万から30万円ほど値引きされているのが一般的な金額です。

自分にとってどっちがお得か考えてから購入することをおすすめします。