かんたん車査定ガイド

中古車キャンピングカー

駆動で選ぶ

輸入車について

キャンピングカーと言うと、海外の自動車と言うイメージを持っている人もいるでしょう。

そこで中古車販売店を見てみると、輸入車ベースのキャンピングカーが販売されていることもあります。

輸入車のキャンピングカーを購入する場合には、いくつか注意すべきポイントがあります。

輸入車について
輸入車について

 

 

まずアメリカ製のキャンピングカーがいろいろと販売されています。

アメリカ製のキャンピングカーの特徴は、とにかくエンジンパワーの大きさにあります。

排気量が8000ccくらいのエンジンが搭載されているキャンピングカーもあります。

パワフルでトルクの厚みもかなりのものがあります。

自動車の走りの部分では不満はないと思われます。

しかしここまでパワーのあるキャンピングカーだと燃費が悪くなってしまうので、ガソリン代などのランニングコストがかかってしまうことは覚悟する必要があります。

リッター当たり3~4km程度がせいぜいと言われています。

またガソリンタンクは200リッター程度のものもあり、からの状態から満タンの状態まで給油すると2万円以上はかかってしまうので注意しましょう。

またもしキャンピングカーが故障してしまった場合には、パーツの取り寄せなどで結構なコストがかかってしまうこともあります。

かなりの出費がありうることを覚悟して、アメリカ製のキャンピングカーを購入しましょう。

中古車で購入しても、お得感はあまり期待しない方が良いかもしれません。

 

 

またドイツの有名ブランドベースのキャンピングカーが販売されていることもあります。

こちらのキャンピングカーの特徴は3000cc程度の排気量になっています。

ですから、パワーと言う所ではあまり期待しないほうが良いでしょう。

しかしその分、燃費などもアップすることができます。

他にもディーゼルエンジンも販売されていますので、燃料費のコストも安く抑えることができます。

 

 

しかしもともとベースになっている自動車の価格が高価なので、中古車で購入したとしてもそれなりの価格になってしまう可能性が高いです。

しかし逆にえば、時間が経過をしても価値がなかなか落ちにくいということもできます。

このため、もしキャンピングカーを将来的に売却することも検討しているのであれば、リセールバリューの高さと言うのも無視できないポイントと言えます。

最近の車両は走行性能もアップしていますので、快適な自動車の旅を満喫できます。