かんたん車査定ガイド

中古車キャンピングカー

駆動で選ぶ

パートタイム4WDについて

もし中古車のキャンピングカーを購入していることを検討しているのであれば、パートタイム4WDと言う車種を購入することをお勧めします。

4WDの自動車には、フルタイムとパートタイムと言う2種類のタイプにさらに細分化することができます。

パートタイム4WDとは、4WDにしたい時だけ切りかえることができるのが魅力とされています。

パートタイム4WDについて
パートタイム4WDについて

 

 

もし4WDが必要になるようなシチュエーションになった場合には、前輪についているセンターハブをロックします。

ちなみにセンターハブは通常はフリーにしておきます。

その上で、車内にスイッチがありますので、4WDスタイルにスイッチを交換すれば4WDの機能が追加されます。

確かに2WDから4WDにこうをする時には多少の手間が必要になってしまいます。

しかしそれでもパートタイム4WDには、いろいろなメリットがあります。

 

 

まずフルタイムのものと比較すると、パートタイム4WDの方が燃費が格段にいいということが挙げられます。

4WDの場合、後輪だけでなく前輪にたいしても駆動を与える必要があります。

フルタイムになってくると、どのような路面であっても常に前輪が駆動をしてしまいます。

するとその分よけに常に負担をかけることになります。

その結果、燃費がどうしても悪くなってしまう傾向があります。

しかしパートタイム4WDであれば、必要のない時には前輪に対して駆動をかけなくても良い構造になっています。

その結果、燃費を悪くさせないようにすることが可能なのです。

4WDの自動車の場合、悪路でも走行性が高いことが挙げられます。

砂浜などでも走行することができます。

しかしそれでも4WDを持ってしてもスタックしてしまう時はスタックしてしまうものです。

しかもフルタイム4WDの場合、一回砂浜にスタックしてしまうと、大出するのがなかなか難しくなってしまうことも多々あります。

 

 

パートタイム4WDの場合もしスタックしたら、ゆっくりと前進してみましょう。

もしそれで後輪が空転をしている場合には、アクセルペダルから足を話すことです。

ここで4WDに使用を変えていきます。

そうすれば、前輪に駆動力をかけることができるようになります。

その結果、前輪の前進力を使って、後輪を出すことができるようになるわけです。

パートタイム4WDを運転する場合には、まずは後輪をスタックするリスクのある所に入れていきます。

そしてスタックをすれば、上で紹介したような4WDの力を使えば、容易に脱出することができるようになるわけです。