かんたん車査定ガイド

現在、日本全国にいろいろなオークション会場があります。

このオークション会場ですが、どこが運営しているかによって、少し会場の特徴が変わってくることがあります。

その中の一つに、JU系のオークション会場があります。

JU系とは、日本中古自動車販売協会連合会という組織があるのですが、こちらで運営をしている中古車オークションのことを指します。

JU系のオークション
JU系のオークション

日本中古自動車販売協会連合会は、中古車販売店であれば、基本的にすべての所が酸化をしている組合になっています。

ですから、中古車オークションの規模としては屈指と言うことができるでしょう。

JU系の中古車オークション会場はそれこそ、日本全国に存在しています。

地方の方に行くと、中古車オークションはすべてこのJU系の中古車オークション会場によって占められている所も少なくないと言われています。

地域密着型の運営をしている所が特徴ということもできるでしょう。

このため、会員として登録されている業者の数も、他のオークション会場と比較してもかなり多いということができます。

しかし一方で、JU系の中古車オークション会場にはいろいろな課題もあると言われています。

最近では他のオークション会場もいろいろと登場してきています。

他のオークション会場は後発と言うことで、最新鋭の設備を充実させることで、それを売りにしている傾向があります。

そのような後発のオークション会場と比較してみると、設備についても運営システムについても、後手後手に回っている印象を受けることは否めません。

また地域によって、規模のばらつき感もあると言われています。

中には、なかなか出品をする中古車の数を確保することができなくなっているようなJU系の中古車オークション会場も出てきていると言われています。

このため、オークション自体が寂れてきてしまっている傾向もあると言われています。

JU系の中古車オークション会場はしかし、地方にとっては中古車を確保するための重要な拠点でもあります。

そこで、新しい設備を導入するとか、出品をする中古車をいろいろな方法で確保できるようにするような努力をする必要があるでしょう。

またJU系の中古車オークション会場にこだわるのではなく、他のジャンルのオークション会場とも連携をとる方法も模索されています。

そうすることで、いろいろな可能性を広げることが、JU系の中古車オークション会場農地の鍵を握っていると見る向きは少なくありません。