かんたん車査定ガイド

よく中古車オークション代行の話をする時に、質問されることがあります。

それは

「個人売買するのとどこがどのように異なっているのか?」

という質問です。

中古車販売店を介することなく、直接売買をするという所では、両者は似ているかもしれません。

しかしいろいろな面で違いがあり、おおよその所で、個人売買よりも中古車オークション代行を使って購入した方が優れているということができます。

個人売買との違い
個人売買との違い

まずは、品質の部分で大きな違いがあります。

中古車オークション代行を使った場合、オークション会場には、検査員という人たちがいます。

彼らは、オークションで出品されている中古車の状態について、きちんとすべてチェックを行っています。

しかも検査員は第三者の人が行っているので、公正な目できちんとチェックしています。

このため、確かな品質の中古車を確保できる可能性は極めて高いということができます。

またオークション会場を見てみると、メーター改ざん防止システムを設けている所が多くなってきています。

こうすることで、メーター戻しができないように予防をしている所も、購入する側からしてみると、安心材料と言うことができるでしょう。

しかしもし個人売買をした場合には、あくまでも売り手と買い手の個人的な取引になってしまいます。

と言うことは、自動車のコンディションはもちろんのこと、事故歴のある車両かどうかについても、きちんとした判断をすることができなくなってしまいます。

メーター戻しについても、売り手が提示している走行距離の信ぴょう性について、確認をすることができないという問題点があります。

このため、車両の状態が当初聞いていた話と違うとか、エンジンに異音があるなどのトラブルが購入した後で発生をしてしまうこともあると言います。

また価格についてですが、中古車オークション代行の場合、中古車販売店が酸化をしていますので、卸価格で購入することができます。

ですから、中古車販売店で購入するのと比較すると、より安い価格で購入することができます。

また中古車オークション代行では、相場情報のデータベースを持っていて、その価格の中で入札をしていきます。

このため、当初言われていた価格よりもかなり高い値段で購入する羽目になってしまうことを回避することもできます。

個人売買の場合、売り手の主観的な希望価格で出品されることになってしまいます。

しかし良心的な出品車であれば、転倒の価格とあまり変わらないことが多いと言われています。

しかし中には、なかなか価格の折り合いがつかないと言うケースも出てくる可能性はあります。