かんたん車査定ガイド

中古車の個人売買でのデメリットが買った後のアフターフォローかもしれません。

なかには悪意をもって故障箇所を隠して後で問題になるというものもありますが、ほとんどはタイミングの問題で、購入後にトラブルが発生してしまったというケースになっています。

しかし多くの場合、インターネットオークションなどでは「ノークレーム、ノーリターン」というように注意書きされていますので、後で何かトラブルが生じても文句がいえない場合も少なくありません。

購入後のトラブル
購入後のトラブル

しかし一般的な売買の場合、瑕疵(カシ)担保責任というものがあり、買ったものに欠陥が見つかった場合、売買成立から1年間は損害賠償を請求できるようになっています。

それでも中古車のように中古品の売買の場合、契約書のなかで瑕疵担保責任について一切の瑕疵を負わないという旨が記載されている場合、責任が免除されることになっています。

それで後でトラブルを避けるためにも、個人売買のさいには必ず瑕疵責任について話合っておき、契約書のなかに書いておくようにしましょう。

ちなみに重大な欠陥を知っていながらあえて買主に事実を告知しなかったような場合、売り手側に瑕疵担保責任が生じるといわれていますが、なかなか立証が難しいというのが現実のようです。

また実際に多いトラブルとして、確認不足による外装クレームというものが増えています。

これは契約してから傷などに気づいてクレームをするというものですが、契約をしてしまっていますので、瑕疵担保責任は問えません。

このようなことを避けるためにも、外装などは実際に車両を見て、見落としがないようにチェックしておくことが重要でしょう。

また修復歴や事故車という表記に関しても誤解を招きやすく問題になりやすいといわれています。

基本的に車の骨格などの部位が修復されたものを「修復歴車」と言い、事故車として判断されます。

しかしバンパーを擦ったりフェンダーを凹ましたというようなものの場合、修復歴とは言わず事故車にはなりません。

このような点に関して、素人では意識の違いなどがありますので、実際の売買を行うさいには自動車売買契約書を作成しておくようにしましょう。

またもし車を売ろうと考えているのであれば、欠陥や損害が生じた場合、一定期間内での返金などを決めておけば相手も安心して購入できるかもしれません。

個人売買の場合、「消費者契約法」や、「自動車公正取引協議会」などの公的機関の保護外になってしまいますので注意しましょう。