かんたん車査定ガイド

個人売買のメリットは中古車販売店などで買うよりも安いという点を挙げることができます。

しかし十分に調査していないと、中古車販売店のほうが安かったというケースもありますので注意が必要です。

それでまず中古車の購入を考えているのであれば、欲しい車を重点的に検索したり情報収集したりして市場価格を理解しておくようにしましょう。

また個人売買ならではの注意というのもありますので、あらかじめ予期しておくのも重要です。

一般的にディーラーや中古車販売店で展示されている中古車はキズの補修や磨き作業などが行なわれており、新車のようなコンディションで売られています。

それに対して個人売買ではよくてもワックスだけですので、見た目もそれなりになってしまいます。

購入の注意点
購入の注意点

また値段とその車の品質のバランスもしっかり見極めておかねばなりません。

売り手はほとんどが素人ですのでなかにはありえないような高い金額で値段を設定しているケースもあります。

それで事前に市場価格などを把握しており、そのような言い値で買うことがないように注意しましょう。

では個人売買において大体欲しい車が定まったらどうしたら良いのでしょうか。

最近では個人売買といってもインターネット上で写真を見て決めるという場合も多くなっているようですが、内装・外装の状態チェック以外にもメンテナンス履歴など信頼できる書類を参照してもらえるように頼んでみましょう。

チェックポイントの画像やムービーなども最近では簡単に撮ることができますので、頼んでみるようにしましょう。

実際のチェックポイントにはいくつかありますが、まずエンジン内部やエンジンオイルキャップの裏などを見て汚れがないかどうかを見てみましょう。

エンジンオイル交換は車の最低限のメンテナンスですので、もしこれがしっかりなされていないのであれば、他の点にかんしてもしっかりメンテナンスされてないことがほとんどです。

また冷却水の入っているラジエターキャップを開けて、冷却水のサビ・汚れを確認しましょう。

サビているような場合、取ることは難しいですし、サビによる水漏れやオーバーヒートなどが将来的に起こってしまうことがあるかもしれません。

走行距離が少なくてもこれらの点がよくない場合、トラブルになる可能性が高いですので注意が必要です。

また走行距離があってもこれらの点がしっかりしておりメンテナンスされているのであればお買い得車だといえるでしょう。