かんたん車査定ガイド

インターネットオークションなどで欲しい車が見つかり、チェックも済んで契約をする前に注意できる点として書類の準備を挙げることができます。

書類も予め揃えておけば名義変更などの手続きがスムーズになりお互いに気持ちよく取引ができるでしょう。

では具体的にどのような書類が必要になるのでしょうか。

購入に必要な書類
購入に必要な書類

まずは保管場所(車庫)の証明が必要になります。

普通乗用車は車庫証明が事前に必要で、車庫証明がないと名義変更ができないようになっていますので、購入する前から準備しておくようにしましょう。

車庫証明の手続きには時間や手間がかかってしまいますので、購入してから準備するということがないようにしたいものです。

同じく普通乗用車を名義変更するのに必要になるのが印鑑登録をしている実印です。

登録する印鑑は三文判でも問題ありませんが、財産の登録譲渡にかんして使われますので、オーダーメイドのものを作っておいたほうが安心でしょう。

そのような印鑑を作る時間や、市区町村の役所で印鑑登録をする時間などもありますので、あらかじめ把握しておきましょう。

しかし印鑑証明の有効期限は発行日から3ヶ月になりますのであまりに早めに準備するのも問題になってしまいます。

車を売ろうとしている場合にも上記の書類などが必要になりますが、さらに所有権解除についても考えておかねばなりません。

所有権留保の場合、自分の意思だけで自由に自動車を他人へ譲渡したり売却ができないようになっていますので、所有権解除にしておかねばなりません。

これが保留になってしまうケースですが、自動車購入の際に、販売店でクレジット契約をして購入した場合などがあります。

この場合、クレジットが完済するまでの期間「所有権留保」になってしまいますので、個人売買であろうが中古車販売店に対してであろうが売却ができません。

所有権留保の確認方法ですが、自動車検査証(車検証)の中の「所有者」の住所と名前、「使用者」の住所と名前を見てみればわかります。

これが解除になっていない場合には、いくつかの方法によって解除をするひつようがあります。

例えば事前にクレジットの残りを一括決済・清算処理してしまうという方法、また特例ですが返済中のクレジットのクレジット会社の承諾を得るという方法もあります。

しかしこの方法は、継続してその車両を保有維持する事が困難だというような際にしか認められませんので、あまり現実的な方法だとはいえないでしょう。