かんたん車査定ガイド

個人売買の場合には、必要書類などは自分で準備しておかねばなりませんので、注意が必要です。

車の名義変更には思っているよりも多くの書類が必要だといわれていますので、売買成立前に準備をしていないと、相手にも迷惑をかけてしまうことがあります。

では個人売買で中古車を扱うさいにはどのような書類などが必要になるのでしょうか。

必要になる書類
必要になる書類

まず挙げられるのが車検証といわれる自動車検査証になります。

車検証は車内保管が義務付けられており、車のなかを探せばあると思いますがなかには紛失している場合もありますので注意が必要です。

ちなみに紛失している場合などには「顛末書」を運輸支局に提出して再発行してもらう必要があり時間や手間が余計にかかってしまいます。

例外的に自動車をすでに抹消済みでナンバーを返納している場合には車検証がなかったりもしますが、この際には抹消登録証明書が必要になってきます。

そしてさらに重要な書類といえるのが、自動車損害賠償責任保険証明書である自賠責保険です。

これも強制的なもので所持が義務付けられていますので、もしも紛失している場合には加入保険会社にて再発行する手続きが必要になります。

ほかの書類では、自動車税・納税証明書もありますが、これは税金納付書の税金を納めた領収書ですので、しっかり当年分があるかどうかを確認しておきましょう。

さらに軽自動車は必要なく普通自動車に必要だといわれていますが、委任状・譲渡証明書も必要です。

名義変更を売却者本人が行うような際にはこの証明書は入りませんが、車検証上の所有者以外の者が名義変更手続きを行う場合には必要になります。

ここには現所有者の実印、印鑑証明(有効期限3ヶ月)を添える必要があります。

ローンが払い終えていず車検証の所有者が自動車販売店やクレジット信販会社になっている場合にも、この書類が必要になってきます。

またよく忘れがちな書類ですが、車検証の所有者住所や苗字が現在のものと変わっている場合、車検証の住所・名前と現在の住所や名前の繋がりを証明する書類などを添付する必要が出てきます。

この書類ですが、住民票や本籍にて戸籍謄本などの証明書などが必要になるケースもありますので、事前に用意しておくことが重要です。

またリサイクル預託金の支払済みを証明する書類であるリサイクル券も必須です。

これは譲渡される人が預託金を支払い、リサイクル券を貰い受けるというのが一般的になっているようです。