かんたん車査定ガイド

中古車の車種によって個人売買で売れるか売れないかはわかれてきますが、売却方法によっても売れやすさに差が出てきます。

個人売買掲示板やネットオークションにせっかく掲載しても買い手が現れないというような場合、どのような工夫ができるのでしょうか。

まずチェックしたいのがその中古車の車検です。

車検切れ間近や車検切れの中古車の場合、買い手は車検費用を考えてしまうので、多少安かったとしても二の足を踏んでしまいます。

効果的に売る方法
効果的に売る方法

それで車検が切れてしまったり、切れてしまいそうであるなら、思い切って車検を通してみるというのは良い方法です。

車検を通したばかりでしたら車検の費用も問題にはなりませんが、車検を受けたばかりで品質に関しても問題がないというのをアピールすることができます。

しかしこの方法は10~20万程度の比較的安い値段び中古車でしてもあまり意味がありませんので、それなりの値段の車を売ろうとしている際に試してみると良いでしょう。

さらにより効果的に中古車を売る方法として言えるのが車両状態や付加価値を伝えるという方法です。

インターネットなどでのオークションの場合、買い手はより詳しい情報を得ようとするものです。

それで今まで乗っていて気が付いた事や故障箇所、タイヤの溝や過去の修理歴なども含めて細かい情報を掲載することは重要です。

都合が悪いということまで記載することによって、逆に相手に信頼してもらえることもありますので正直に記載することを心がけましょう。

また事故歴がないのであれば、「修復歴なしをアピール」をするために近くの自動車販売店や買取専門店などで査定をしてもらい査定シートのコピーなどを取得・添付するというのも良い方法です。

また人気が高い中古車の条件としては、付属部品であるカーオディオ類やナビ・TV、エアロやアルミホイールなどがあります。

また屋根付き駐車場での保管や禁煙車、ワンオーナーなどもアピールポイントになるでしょう。

また中古車できになるポイントになるのが、外装・内装の損傷でしょう。

遠く離れた箇所からでも判別できるほどの損傷などは大きなマイナスポイントになってしまったりしますので直してしまうか、直さないなら、あらかじめ修理工場などで概算見積りをしてもらいその分の金額を車体本体価格から割り引くと良いかもしれません。

また値段設定の際に迷ってしまうのが税金などを車体本体の値段に付けるかどうかですが、できるだけ車両本体の価格に含めるつもりで売却したほうが良いといわれています。