かんたん車査定ガイド

今はインターネットの普及などで、自動車などをオークションサイトで売買するという方も増えてきています。

たしかに個人売買ですと仲介手数料というものがありませんので、全体的な費用も安くなることが多いようです。

それでも仲介手数料がないということは、仲介で車を整備したりチェックしたりすることがないということですので、注意が必要です。

個人売買の注意点
個人売買の注意点

では中古車の個人売買で注意できるのはどのような点なのでしょうか。

まずチェックできるのが、その車が事故車がどうかを知るという点でしょう。

もちろんオークションなどでも正直に事故歴を言ってくれる人もいますが、なかには高く売りたいがために事故歴を隠したり、ごまかしたりする人もいます。

怪しいと感じるような時には「財団法人日本自動車査定協会」を利用してみるようにしましょう。

この日本自動車査定協会のサービスで、「車両状態確認証明」の発行というものがあり、申し込むとプロの査定士が検査してくれるという内容になっています。

日本自動車査定協会は全国に事業所があるので、インターネットなどで検索して連絡してみるとすぐに申し込むことができるようになっています。

事業所によっては出張で査定をしてもらうことも可能ですし、価格もリーズナブルですので、気軽に活用することができます。

またオークションなどで車を売ろうとしている場合にもこの日本自動車査定協会を活用することができるでしょう。

日本自動車査定協会の調査を受けると「車両状態確認証明」というものが公布されることになっています。

オークションで中古車を売るさいに、この証明書をつけておけば買い手も安心でき、早めに買い手があらわれるかもしれません。

さらにこの日本自動車査定協会でチェックできるのが走行距離メーターでしょう。

メーター改ざん問題というのは中古車業界でも問題になってきましたが、最近では「走行メーター管理システム」というものがあり、車体番号を元に車の走行距離を記録していくのでメーター改ざんがあったり怪しい動きがあるとすぐに分かるようになっています。

社団法人自動車公正取引協議会AFTCのサイトのなかでくわしく説明していますので、気になる方はインターネットなどで検索してみるとよいでしょう。

オークションで中古車の売買というとトラブルなどの不安があるという方々はほとんどかもしれませんが、上記のような審査機関を上手に活用することによって安心して売買ができます。