かんたん車査定ガイド

個人売買で中古車を売ろうとする場合、まず重要なのが値段設定でしょう。

あまりに低くしてしまいますと買い手がつきやすいものの、損をしてしまいます。

逆にあまりにも高くしてしまうと買い手がつかずに時間だけが経ってしまいます。

それで適正化な価格を付けることが必要になるのですが、覚えておきたいのが自動車販売店や買取専門店でも十分売却できる価格以下の値段設定にするべきだという点でしょう。

実際に売られている価格のリサーチの方法ですが、中古車情報誌などで調べていくというのも良いかもしれませんが、時間があまりないというのであれば、インターネットを利用した愛車の一括無料査定などを利用されると良いでしょう。

個人売買の手順
個人売買の手順

このように調べていざ個人売買をしようとしたら、車を売ることが出来なかったというケースがあります。

この原因になっているのが残っているローンです。

例えば車の車検証の所有者の欄に「自動車販売店」、もしくは「クレジット会社」の名前が書かれている場合、その車を勝手にすることはできません。

この際には現在契約中・返済中のクレジット会社などに承諾を得る必要があり、そうして「所有権留保」を解除した場合にのみ個人売買で売ることができるようになります。

またこれらの手続きが面倒であるというのなら、ローンの残りを完済してしまうというのもひとつの方法です。

実際のところ、承諾に関する審査はかなり厳しいといわれ、場合によってはそのような受付さえもしていないところもあります。

また承認がおりたところでも一定期間の間は、次の車購入時のローン審査が厳しくなったりしまうので、そのようなリスクがあるという点を覚えておきましょう。

ちなみにローンが残っていたとしても、所有者の欄が自己所有名義、もしくは家族名義になっている場合には、所有者の委任状、譲渡証明書、印鑑証明等で個人売買ができるようになります。

もちろん家族所有になっている場合は、しっかり家族と相談して後でトラブルになるようなことを避けるようにしましょう。

さらにローンの形態に関してですが、銀行や共済、信用金庫などの銀行系でローンを利用した場合には、基本的に所有権留保はないので、ローンがあったとしても個人売買などができるといわれています。

しかしこの場合などにも契約条件などがありますので、しっかり確認しておくようにしましょう。

せっかく買い手がついたのに売れないというようなことがないようにしっかり事前の確認が重要です。