かんたん車査定ガイド

最近では中古車の個人売買をする方が増えてきています。

では個人売買にはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

一番のメリットとして挙げられるのが価格でしょう。

一般的に自動車販売店で自動車を売買するような場合、販売店や仲介業者、場合によってはオークション経由などがかかってきてしまいます。

しかし個人売買の場合にはそのような費用がかかりませんので、売り手の場合、自動車販売店へ下取りや買取に出すよりも高く売却できる可能性が多いですし、買い手の場合でも安く購入することができる可能性が高くなります。

このような金銭的なメリットが個人売買の大きな特徴になっています。

個人売買のメリット、デメリット
個人売買のメリット、デメリット

同じような点になりますが、個人売買には消費税が課税されないという点もひとつのポイントになっています。

買うにしても売るにしても税金分がありませんのでお得になるというわけです。

さらに個人売買がメリットになるのが希少車の扱いです。

希少車や旧車、特殊な改造車などが一般的な自動車販売店や買取専門店に持ち込んでも価値が評価されず高い金額がつかない場合がほとんどです。

しかし個人売買の場合にはその価値を理解してくれる人が買い取ってくれますので、それなりの金額にしてもらうことができます。

なかにはそのような個人売買がきっかけで同じような趣味の友人を見つけることができたり、ネットワークができたという声もあります。

このように個人売買にはさまざまなメリットがあるわけですが、同時にいくつかのデメリットもあります。

例えば個人売買の場合にはあくまで仲介機関がありませんので、公正取引協議会、販売協会といった公的機関の利用ができません。

また友人同士の取引ではなく、インターネットで個人売買取引を行う場合相手をよく知らないというケースもあり、なかには勘違いなどからトラブルになることもあるようです。

また売り手と買い手が個人売買初心者の場合には手順などが分からずに、取引が複雑化してしまうということもあるようです。

また修復歴・メーター不良などによるトラブルや故障などもあるようで、個人売買の際には詳しい人などに仲介してもらうと良いかもしれません。

またインターネットによる個人売買のなかには、写真だけみて決めてしまうという方もいるようですが、それではトラブルの元になりがちですので、しっかり現物をみてチェックした上で購入をきめるようにしましょう。

個人売買をする際には上記のようなメリット、デメリットを比べてみることが重要です。