かんたん車査定ガイド

エコにつながる中古車

近年よく見かけるカタカナ2文字の言葉があるのを皆さんは知っているでしょうか。

それは、エコです。

新聞や雑誌、テレビなどでたびたび取り上げられるのがこのエコです。

地球環境について考え、身近なところからエコへの関心を高めていこうという運動が各所で行われているのです。

この点で非常に先進的な役割を果たしているのが、欧米の国々です。

特にヨーロッパの国々ではエコを考えながら生活するというのは当たり前だという国々がほとんどですよね。

そんな欧州国で注目されているのが、中古車です。

なぜでしょうか。中古車を購入するのは非常にエコなことなのです。

二つの方面から考えてみましょう。

エコにつながる中古車
エコにつながる中古車

 

 

まずは新車を生産するということを考えましょう。

新車を生産するためには様々な資源を使います。

さらに、そのほとんどが鉄などの鉱物で木や植物などで作られている車なんてありませんよね。

新車を作るということ自体が地球の資源を使うことになるのです。

では、新車を購入し、また新車に乗り換えるという繰り返しについて考えましょう。

新車を常に買っている状態では、どんどん中古車が増えていきます。

車というのはとても大きな廃棄物になりますし、もちろんほとんどの部品をリサイクルして使うことができてもやはり大量の中古車が世界中にあるという状態になります。

より多くの人が中古車を購入するようになるとどうでしょうか。

そうすれば新車として誕生した地球の資源を無駄なく使うことができるのです。

現在の日本では実売されている車の約6割が新車といわれています。

やはり新車の方が中古車より多いというわけです。

 

 

日本でもやがて欧米国のように多くの人が中古車を愛用する時が来るかもしれませんね。

私たちのエコへの関心が高まるとともに、私たちのクルマライフも変わっていくのかもしれません。

そのためにもまずはエコへの関心を高め、中古車を購入することのメリットについて考えてみると良いかもしれません。

中古車を購入するということは地球環境に優しいだけでなく、私たちにとっても様々な点でとても良いからなのです。

エコという面からのアプローチ以外にも、自分へのメリットについて考えてみるとより一層中古車を購入することの良さに気付くことができるのではないかと思います。

その良さがわかったら地球環境のためにもその意見を周りの人に発信していくと良いかもしれませんね。

そうすれば、より一層中古車購入によるエコライフが広がるでしょう。