かんたん車査定ガイド

中古車に乗ろう!

自分で運転する生活を始めよう

購入手続きと必要なもの

インターネットで情報を収集したり、中古車販売店を巡ってこれだと思う車を見つけたらいよいよ購入手続きに入ります。

お金を支払えばおしまいというわけにはいきません。

中古車の購入手続きとは購入契約を結ぶことです。

お金以外にも必要になるものがいくつかあります。

購入手続きと必要なもの
購入手続きと必要なもの

 

 

書類に関しては販売店で用意してくれていますが、そこに捺印する実印は購入者が用意しなければなりません。

実印と合わせて、印鑑証明書も必要です。

役所で即日発行してもらえますので用意しておきましょう。

また発効日から三か月以内は有効ですので、前もって用意しておいても構いません。

他に自動車車検証が必要です。

中古車の場合は販売店側が保険していることが通常です。

納車されたあと、受け取った車検証の使用者、あるいは所有者の欄に自分の氏名が記載されているかどうかを確認しておきます。

任意保険に入るつもりであれば、車検証の写しが必要となります。

 

 

車を所有する以上は、どこかに車を留めておくスペースは必要不可欠です。

自分の家の駐車場か、賃貸の駐車場かによって必要とされる書類は変わりますが、販売店かまたは警察署は行けば入手することができます。

自分の駐車場を持っている場合には、だいたいにおいて販売店側が必要な手続きを代行してくれますが、賃貸契約で駐車場を借りる場合には、駐車場の管理会社の署名と捺印が必要ですから、自分で手続きをしなければなりません。

販売店が手続きを代行してくれる際には手数料が発生します。

手続き代行費用を節約したい方は、自分の駐車場の場合でも代理店にまかせず自分で手続きに行くとよいですが、土日には受付がなく平日に手続きをしにいかなければなりませんので、注意が必要です。

車庫証明の申請はそれほど難しくはありません。

車庫証明申請書と保管場所標章交付申請書に必要項目を記入して、土地使用に関する権利関係を証する文書を用意します。

これは申請する保管場所を誰が使用するかということを記した書面です。

 

 

さらに保管場所の所在地がわかる地図などを用意します。

写しで構いません。

保管場所の内部がどのようになっているか記した配置図も揃えます。

これらの書類と実印を持って警察署へ行けば一週間から十日以内に申請書が交付されます。

一切の購入手続きがすめば、晴れて車は貴方のものです。