かんたん車査定ガイド

中古車に乗ろう!

自分で運転する生活を始めよう

自分で運転する生活を始めよう

車社会の問題性や高齢者による運転の事故など、便利なだけではない自動車ですが、やはり機動性を考えるとマイカーは便利ですし、一家に一台は欲しいと思うことは無理なからぬことです。

 

 

自分で運転する生活を始めよう
自分で運転する生活を始めよう

普段は電車やバスなど公共交通機関の発達した便利なところに住んでいる人ならば、必要な時に必要な要件に応じた車をレンタカーで借りるという方法もありますが、たとえば夜中や未明に急に赤ちゃんや子供が熱を出したりして具合が悪くなったときに、自家用車があればすぐに近くの救急病院へ連れて行くことできます。

公共交通機関には始発や終電、終バスがありますし、タクシーや呼んですぐに来てくれるとは限りませんし、急病であれば、病院と自宅とを何回も往復する必要があるかもしれませんから、タクシーではいろいろと手間や面倒がかかります。

運転免許そのものは普通自動車の免許が十八歳から、原付免許、普通二輪免許は十六歳から取得資格がありますので、高校生になったら原付やバイクの免許を取る少年は多いでしょう。

 

 

とりあえず原付かバイクがあれば、少し遠い学校へも通学できますし、働いている場合であれば職場へ通勤に利用することもできます。

普通免許は十八歳からですので、大学生になったらすぐに取得する人もかなり多いかもしれません。

都市部の一部の大学を除いて、地域によっては車で通学しなければ大学生活はなかなか困難であることも珍しくありません。

大学の敷地内の寮に入れればいいですが、完全寮制でない限りは、すべての学生を収容できるケースは稀でしょう。

自家用車があれば通学の問題も解決できますし、実家家から通うことができれば、部屋を借りる費用、光熱費や食費など、家庭を二分する手間と費用を節約できます。

もちろん自家用車やバイクの購入費用は発生してしまいますし、ガソリン代や、あらたに駐輪所や駐車場を借りるとなるとその賃貸費用も発生しますが、長い目で見れば自分の足を持つことの利便性が上回るはずです。

いざ憧れの自家用車、もしくはバイクの入手を目指して奮起してみましょう。

 

 

選択肢はいくつかあります。

初めて自分で買う大きな買い物として新車を購入するのも良いでしょう。

あるいは運転そのものも初心者ですから、中古車で妥協するという選択肢もあります。

また家族が所有している車を共有させてもらうという選択肢も場合によっては考えられるでしょう。

いずれにしても自分で運転する生活の始まりです。