かんたん車査定ガイド

中古車に乗ろう!

自分で運転する生活を始めよう

中古車に乗ろう!

新しく整備された道路では何の苦労も感じない普段の走行が、狭い一車線の路上では四苦八苦したという経験はあるでしょうか。

日本は土地も狭く、アメリカやヨーロッパに比べると車が通る道路がひどく狭い地域が全国に残っています。

ですから日本では小回りの利く車というのが、大変便利なのです。

中古車に乗ろう!
中古車に乗ろう!

 

 

狭い道路に限らず、狭い駐車場に車を止める場合にも小回りが利くかどうかは、おおいに影響します。

そもそも「小回りが利く」とはどういうことでしょうか。

小回りとは最少回転半径のことを指します。

ステアリングをめいっぱいに切って旋回し、外側前輪の設置面の中心が描く半径が最少回転半径です。

この数値が小さいほど、小回りが利くということになります。

軽自動車の場合は車体の大きさそのものにあまり大きな差はないため、最小回転半径にも大きな差は生じません。

普通車と軽自動車のどちらにも小回りの利く車という考え方は存在しています。

 

 

人気のある小回りの利く軽自動車や、コンパクトカーは中古車業界だけではなく、新車でも人気が高いのが昨今の風潮です。

小型のセダンでも小回りの利く車はたくさんあります。

また日本の道路事情を考慮して外車でも小回りの利く車を開発販売しています。

日本車だけではなく外車でも小回りの利く車種として評価されているモデルがあるようですので、外車にこだわって車を買いたい人にはおすすめかもしれません。

中大型車でもそのクラスの車として小回りの利く車種はあります。

実際の最少回転半径の数値は小型車やコンパクトカーや、軽自動車の数値と比べると見劣りがしますが、同じクラスの車と比較すると小回りが利く車種ということになります。

小回りの利く車はUターンするときにも便利ですし、ハンドルさばきがしやすいのが魅力あるところです。

 

 

今現在はコンパクトな小型の車種が中古車業界でも人気ですので、小回りが利く車も国産、外国産を問わず複数のメーカーからたくさん出ています。

家族で普段の雑用に近所を走るのに使う二台目の車として中古車を考えている、あるいは、歳を取ってきてこれまでの大きな車の運転はつらくなってきたけれど車は必要だという方には、とくに小回りの利く車は便利が良いでしょう。

実際に試乗させてもらって納得のいく小回りを見せてくれる車を是非とも選んでください。